カウンセラーへの相談

お酒を飲むと気が短くなります。 普段は温厚で明るい性格と思…

相談者(30歳/男性)

お酒を飲むと気が短くなります。
普段は温厚で明るい性格と思います。
人付き合いも広く友人も多いです。
しかしお酒を飲むと、毎回ではありませんがある瞬間スイッチがはいったように
表情(目?)が変わって他人に絡みだします。
もともとお酒は強くないと思っているので気を付けてはいるのですが
楽しくなってつい飲みすぎてしまいます。
楽しく飲んでいたのだから今日は大丈夫だと思っていても
結果誰かと言い争いのようになってしまいます。
そんなときは大体仕事の疲労がたまっているときです。
そして次の日、なぜ言い争いになったのか覚えていません。
本当に改善したいと思います。
家ではお酒は飲みません。
20代のころは毎日のように飲み歩いてトラブルつづきでした。
今は誘われなければ飲みにでることもなく、落ち着いていますが
疲れているとやはり気が短くなります。

これは私の性格に問題があるのでしょうか?
それとも日ごろのストレスをためすぎているのでしょうか?
どうしても改善したいのです。
方法を教えてください。

カウンセラー:熊山 達也先生からの回答

はじめまして。カウンセラーの熊山と申します。
指名相談ありがとうございます。感謝します。

お酒を飲み過ぎてしまった時、他人と言い争いになってしまうことで悩んでいらっしゃるのですね。
私も若いころ、お酒を飲み過ぎた翌日には、必ず罪悪感を感じて後悔していました。

「お酒を飲むと気が短くなる」というのは、決して、あなたの性格に問題があるわけではありません。
問題なのは、アルコールが悪の根源であるということです。それゆえ、あなたが悪いわけではありませんので、自分を責めるのはやめましょう。

昔からお酒は「きちがい水」と呼ばれている通り、人間の欲望を抑制している脳の前頭葉を破壊して萎縮させます。ようするに、普段の理性がなくなる状態と言えます。

お酒を飲むメリットとしては、一時的な快楽を得られるということです。しかし、その快楽の後には、「闘争・逃走反応」を引き起こします。この反応は、アルコールだけではなく、ドラッグ全般に言えることです。ようするに、お酒を飲むことに永続的な幸せを求めて期待しても、失望を繰り返すだけなのです。

改善方法としては・・・

お酒を飲む前に、お酒を飲んだ時のイメージを最後まで追ってみて下さい。
お酒を飲んでいる時のイメージ、そして、最終的には破局的結末を迎えるときのイメージをしてみて下さい。
お酒を飲む前に、その欲望の結果をしっかり認知できるようになれば、あなたを苦しめる欲望から、自分を切り離すことができます。

ご参考になれば幸いです。

相談者(30歳/男性)

お悩み解決

親身になっていただき大変ありがとうございました。
気をつけてやってみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のQ&Aランキング