カウンセラーへの相談

13か月の息子がいます。夫は息子のことを大変かわいがってい…

相談者(33歳/女性)

13か月の息子がいます。夫は息子のことを大変かわいがっています。街に出ると、率先して息子を抱いて歩くほどです。その中で、よくいう言葉に「俺は本当に可愛い赤ちゃんを作るのが上手い」というものがあります。この言葉を聞くといらいらします。「あなたの息子のかわいらしさは、母である私とは無関係だと言いたいの?」「こんな平凡な外見の女性との間にもかわいい赤ちゃんが生まれるくらい、俺はすごいと言いたいの?」「私の外見をけなしてるの?」「ほかのだれとでもまた、かわいい赤ちゃんを作れると言いたいの?」「女性のみなさん、俺とならこんなかわいい赤ちゃんが生めますよ、と言い回りたいの?」と思います。しかしこれらを説明することは私の外見上のコンプレックスを認めることになり、夫とのパワーバランスに悪影響だと考えるため説明できません。そこで代わりに「どうしてこの子があなたの子供だと確信できるの?」と言ってしまいます。
昨日も何度目かのこのやりとりがあったのですが、急に夫が傷ついた顔になり、「どうしてそういうことを言うの?とても悲しい。いつもその発言は聞き流してきたけれど、今回はもう我慢できない」と言いました。謝り、許してくれなくてもいい、と言いました。その時はうん、と言っていましたが、それ以来、夫が口をきいてくれません。朝はいつも通り駅まで車で乗せて行ってくれ、朝食ももたせてくれましたが、私からの「会社に着いた」「朝食ありがとう」というメールも読んでいないようです。夫は自分を立て直すために時間が必要なのだと思います。
相談は、冒頭に書いた私の鬱憤をいつ開示すべきか、です。今は夫の気持ちを優先して、言い訳はしないほうがよいと思います。でも何も言わなければ、きっとまた「俺は…上手い」の発言をされると思います。されたくないですが、されないことを祈って、されたときに開示すればよいでしょうか。

カウンセラー:西岡 祐一先生からの回答

こんにちは。

早速、ご相談内容を拝見いたしました。
旦那様もご相談者様も傷ついてしまっているようですね。
これでは、またお互いに嫌な気持ちになってしまう可能性が高いといえるでしょう。

今の状態では、旦那様はなぜご相談者様が「どうしてこの子があなたの子だと確信できるの?」という発言をしたのかわからないままになってしまいます。

今回のご相談者様の問題の発言には、ちゃんとした理由があります。
ご相談者様なりの精一杯の「その言葉をやめて」を表現した発言です。


貴方の鬱憤の開示のタイミングは、次に旦那様が「俺は本当に可愛い赤ちゃんを・・・」と言った時でも良いでしょう。
鬱憤を開示する前に旦那様に伝えたいことを整理しておくことをオススメします。

あなたか、冷静に話せるタイミングか
相手の言い分を聞ける余裕があるか

大切なのは喧嘩したいわけではなく、
夫婦二人で仲良くやっていくための話し合いであることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のQ&Aランキング

  • 前にも相談しました高一の女子です。授業についていけず数学歴史を赤点30点以下を取っています。その中で冬休みの過ごし方として万遍なく点が取れるように親としては冬期講習に通わせたいのですが5日間の英検準一級の合宿に参加してもよいと言われました。どうしたらよいですか。 続きを読む

  • 前にも相談しました高一の女子です。授業についていけず数学歴史を赤点30点以下を取っています。その中で冬休みの過ごし方として万遍なく点が取れるように親としては冬期講習に通わせたいのですが5日間の英検準一級の合宿に参加してもよいと言われました。どうしたらよいですか。 続きを読む

  • 初めて質問させていただきます。現在一歳8ヶ月になる女の子の子供がいます。 1ヶ月前から体の不調が続いてます。胃もたれ、食欲不振、気分の落ち込み、最近は寝つきも悪く夜中3度くらい動悸がして起きてしまいます。内科に行って胃カメラとエコーで見てもらいましたが異常なし。婦人科でも異常なし。加味逍遙散を処方… 続きを読む

  • 5ヶ月になる娘がいます。 5ヶ月になる前は、お昼寝は30分〜1時間ぐらいで起きて、夜は10時半か11時半のどこかで寝て朝まで寝てくれていたのですが、5ヶ月になった瞬間、お昼寝の時間が時たま2時間ぐらいなってしまったりで、夜はいつもの時間に寝かせても布団でおろすと絶対起きます。 2.3回寝かしつけて… 続きを読む

  • 現在2歳、9か月の娘たちがいます。育休中のため、2人の娘を毎日つきっきりでみています。 最近、上の娘はイヤイヤ期がひどくなり、下の娘も上の子のおもちゃをほしがり、取り合い、一日中泣いたり、叫び声がし、私自身がなんだか参ってる状況です。 ちょっとの家事も、子供達から目が離せなくなり、やりづらくな… 続きを読む