歯科医師への相談

歯の治療について。 下奥歯のとなりとそのとなり2本の虫歯治…

相談者(45歳/女性)

歯の治療について。
下奥歯のとなりとそのとなり2本の虫歯治療で、神経も抜く事になりました。神経に少しかかってるので、神経抜き治療する事になりました。時間が長くとれる時や運動あまりしない時と言われました。お昼時の治療ですが、夕方彼と会う日です。走ったり、性行為等は禁止でしょうか?また生理中は治療避けた方がいいですか

歯科医師からの回答

こんばんは。

時間が長く取れる時とは→下顎大臼歯2本をしっかり丁寧に神経を除去するには時間がかかるからです。また、浸潤麻酔をします。
場合によっては伝達麻酔もします。
45歳というご年齢から、骨が硬くなってきており麻酔薬も効きにくい(神経へ浸潤しにくい)時もあります。歯根膜麻酔など併用する場合もあります。
局所麻酔薬に含まれてるエピネフリン アドレナリンなどの作用により血圧や心拍数などが上がります。
術後は疼痛が出ることもままあります。

運動や性行為などで血圧や血流や心拍数が上がりそれらが刺激となり術後疼痛が出る場合があります。
痛み止めや胃薬などがでるかと思います。
抗菌剤が出ることもあります。

ご妊娠を希望されてますか?
麻酔薬や薬剤の人体への100%の安全性は確立されてません。また、胎児への安全性も確立されてません。


主治医によくご相談されてください。

相談者(45歳/女性)

妊娠はすごく希望ってわけではないです。
自然の流れでと思っています。いつも外出しです。ただ、会う機会が少ないため
午前中神経抜く日の夕方から会う事になりそうな為、質問させていただきました。
入浴もダメ、行為、キスもダメというサイトもあり、一般的神経抜いた治療後の制限についてお伺いしたかったのです。今は時々痛み在りますが、虫歯の痛みなのか神経に当たってるのか、わかりません。他の歯も痛くなってきそうで(関連痛?)。
まだ初診して薬も塗ったと言ってました。時間神経抜いて...とりあえず4,5回と。もう1本は神経抜かずに虫歯治療か抜くかって検討しよーってなってます。

歯科医師からの回答

歯を抜くなどの外科行為ではないので、
止血の注意や生活での制限などはありません。

歯の神経を抜く治療だと、
麻酔を使うので治療後も麻酔で2,3時間痺れていたり治療後の違和感があります。
痛み止めの投薬があるかもしれません。

相談者(45歳/女性)

ありがとうございます
止血の注意や生活での制限など ないとの事安心しました。明日の神経抜く予定です。
今も少し痛みありますし、他の歯も違和感みたいな気がします。他の虫歯かもしれません(泣)痛み等の症状、食事どれくらいでとっていいのか入浴等、明日聞くつもりではいます。性行為、キス、フェラ等 大丈夫でしょうか?男の先生なのでその事は聞きづらく....。痛みがあったら、痛み止め投薬も聞いてみます。

歯科医師からの回答

神経の治療後の性行為については制限はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のQ&Aランキング