1. トップ
  2. 健康チェック
  3. 「更年期障害」チェック

「更年期障害」チェック

その症状、更年期障害かも?医師監修のセルフチェックで確かめよう!

2/15

寝つきが悪かったり、眠りが浅い

前の質問に戻る
  • この健康チェックは、症状や結果を保証するものではありません。
  • 参考程度に留め、治療は適切な医療機関において受診して下さい。

あなたにオススメの健康チェック

「かくれ冷え性度」チェック

自覚がないだけで、実は内臓が冷えているかも...

自分では冷え性ではないと思っている人でも、実は「かくれ冷え性」(別名:内臓型冷え性)という場合があります。足や手がぽかぽかと暖かいから冷え性ではないと思っていたら、内臓が冷えきっていたなんてことも...。 冷え性の自覚がないために、生活習慣の改善などをすることがないまま発見が遅れることがあり、冷え性が重症化したり、様々な病気を招いてしまう恐れがあります。 早速、あなたの「かくれ冷え症度」をセルフチェックしてみましょう!
1/14

ストレスが多い

「自律神経乱れ度」チェック

あなたの自律神経は正常に働いている?うつ病の原因にも...

「自律神経の乱れ」「自律神経失調症」といった言葉を聞く機会は多いと思いますが、実際にそれがどういう状況なのかをイメージするのは難しいと思います。 自律神経には、交感神経と副交感神経の二種類があり、それぞれお互いに調節しあってうまく身体のバランスを保つ役割をしていますが、このバランスが乱れるとさまざまな症状が表れます。 頭痛やめまい、動悸、不眠、憂うつ感…そんな症状が続いてはいませんか? 思い当たるところがある方は、ぜひ「自律神経の乱れ度」をチェックしてみてください。
1/15

頭痛がすることが多い

「子宮頸がんリスク」チェック

20~40歳代の女性に多いといわれる子宮頸がん。あなたは大丈夫?

子宮頸がんとは、20~40歳代の若い世代の女性が発症することが多い病気です。一生のうちで74人に1人の女性が子宮頸がんを罹患するといわれています。 原因は、ほぼ100%粘膜の接触、つまりは性交渉の際に感染する「ヒトパピローマウイルス」(HPV)です。ウイルス自体は、約80%の女性が一度は感染しているともいわれ、その意味では誰もが子宮頸がんになるリスクがあります。 発見が遅れて進行した状態で見つかると、命に関わることもある怖いがんのひとつですので、以下でご自身の子宮頸がんのリスクをチェックしましょう。
1/15

セックスをしたことがある

他の健康チェックをみる