1. トップ
  2. 健康チェック
  3. 「蓄膿(ちくのう)症」チェック
  4. 「蓄膿(ちくのう)症」チェック結果

「蓄膿(ちくのう)症」チェック結果

あなたの結果は・・・

蓄膿症の可能性が考えられます

ワンポイントアドバイス

あなたの症状は、蓄膿症の可能性があります。蓄膿症は、風邪や鼻炎などからも起こりますが、治療せずに放っておくと、ひどい頭痛や口臭、咳などの原因にもなります。症状が続く時は耳鼻科に受診されるのが安心です。
  • この健康チェックは、症状や結果を保証するものではありません。
  • 参考程度に留め、治療は適切な医療機関において受診して下さい。

あなたにオススメの健康チェック

「月経前症候群」チェック

生理前の不調、PMSと言われる症状かも!一人で悩まずまずはセルフチェック!

女性にとても大切な生理。だけど毎月なんとなくゆううつになる方も多いと思います。 月経前症候群(PMS)があると、症状もさらに「生理ってつらい…」と感じてしまいますよね。中には生理前になると急にイライラすることで日常生活に支障をきたすほどの症状に悩む人もいます。症状に個人差はありますが、多くの女性が同じような悩みを抱えています。ご自分の症状がPMSでないか、セルフチェックしてみましょう。
1/15

生理前になると、イライラして人にあたってしまう

「認知症」チェック

65歳以上の高齢者の15%が認知症!?

厚生労働省の調査により、65歳以上の高齢者で認知症の方は、2012年時点で約462万人(約15%)と発表されています。 今後ますます高齢化が進んでいく日本では、より身近な病気として付き合っていくことになるでしょう。 また、認知症と一口に言っても、ただ物忘れが進むだけではなく、さまざまな症状があります。ご自身や身の回りの人について、認知症の症状が出ていないか、「長谷川式認知症テスト」の代表的な項目をチェックしてみてください。
1/17

自分の歳が言えない

「子宮頸がんリスク」チェック

20~40歳代の女性に多いといわれる子宮頸がん。あなたは大丈夫?

子宮頸がんとは、20~40歳代の若い世代の女性が発症することが多い病気です。一生のうちで74人に1人の女性が子宮頸がんを罹患するといわれています。 原因は、ほぼ100%粘膜の接触、つまりは性交渉の際に感染する「ヒトパピローマウイルス」(HPV)です。ウイルス自体は、約80%の女性が一度は感染しているともいわれ、その意味では誰もが子宮頸がんになるリスクがあります。 発見が遅れて進行した状態で見つかると、命に関わることもある怖いがんのひとつですので、以下でご自身の子宮頸がんのリスクをチェックしましょう。
1/15

セックスをしたことがある

他の健康チェックをみる