1. トップ
  2. 健康チェック
  3. 「危ない不正出血」チェック
  4. 「危ない不正出血」チェック結果

「危ない不正出血」チェック結果

あなたの結果は・・・

一度受診してみましょう

ワンポイントアドバイス

不正出血には、排卵期出血や機能性子宮出血といって、ホルモンバランスなどから起こる心配のないものもありますが、子宮筋腫や癌、内膜症や子宮外妊娠など、治療が必要な不正出血もあります。
あなたの不正出血は、危険な可能性もあります。現在不正出血が起こっていて、まだ受診されていないようであれば、なるべく早めに婦人科を受診されるのが安心です。
  • この健康チェックは、症状や結果を保証するものではありません。
  • 参考程度に留め、治療は適切な医療機関において受診して下さい。

あなたにオススメの健康チェック

「子宮頸がんリスク」チェック

20~40歳代の女性に多いといわれる子宮頸がん。あなたは大丈夫?

子宮頸がんとは、20~40歳代の若い世代の女性が発症することが多い病気です。一生のうちで74人に1人の女性が子宮頸がんを罹患するといわれています。 原因は、ほぼ100%粘膜の接触、つまりは性交渉の際に感染する「ヒトパピローマウイルス」(HPV)です。ウイルス自体は、約80%の女性が一度は感染しているともいわれ、その意味では誰もが子宮頸がんになるリスクがあります。 発見が遅れて進行した状態で見つかると、命に関わることもある怖いがんのひとつですので、以下でご自身の子宮頸がんのリスクをチェックしましょう。
1/15

セックスをしたことがある

「更年期障害」チェック

その症状、更年期障害かも?医師監修のセルフチェックで確かめよう!

更年期は女性の場合、閉経をはさんで45歳から55歳ぐらいと言われています。その時期にさまざまな症状が起こりやすいとされています。しかし、早い人では30代後半から、すでに更年期は過ぎたと思われる60代でも、更年期のような症状に悩まされる人もいます。 あなたがお悩みの症状は更年期によるものではないでしょうか?セルフチェックをしてみましょう。
1/15

すぐに疲れてしまう

「頭痛タイプ」チェック

あなたの頭痛タイプ(偏頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛、混合型頭痛)は?

こめかみのあたりがズキズキする、ガンガンと脈打つような痛みがある、目の奥の方が痛い…頭痛はつらいですよね。 日本人の3人に1人は頭痛持ちと言われていますが、一口に「頭痛」といっても様々なタイプがあります。慢性頭痛と呼ばれるものには、大きく<b>「偏頭痛」、「緊張性頭痛」、「群発頭痛」、「混合型頭痛」</b>に分類されますが、このタイプによって対処方法が変わります。 頭痛に悩まされている方、まずは自分の頭痛のタイプがどれに当てはまるかチェックしてみましょう! <a href="https://doctors-me.com/doctor/symptom/1" class="link_column ref">頭痛について</a>

他の健康チェックをみる