1. トップ
  2. 健康チェック

健康チェック

話題の健康チェック

「子宮頸がんリスク」チェック

20~40歳代の女性に多いといわれる子宮頸がん。あなたは大丈夫?

子宮頸がんとは、20~40歳代の若い世代の女性が発症することが多い病気です。一生のうちで74人に1人の女性が子宮頸がんを罹患するといわれています。 原因は、ほぼ100%粘膜の接触、つまりは性交渉の際に感染する「ヒトパピローマウイルス」(HPV)です。ウイルス自体は、約80%の女性が一度は感染しているともいわれ、その意味では誰もが子宮頸がんになるリスクがあります。 発見が遅れて進行した状態で見つかると、命に関わることもある怖いがんのひとつですので、以下でご自身の子宮頸がんのリスクをチェックしましょう。
1/15

セックスをしたことがある

「食中毒危険度」チェック

あなたの食卓は大丈夫?チェックしてみよう!

食中毒は怖い病気です。軽い嘔吐や下痢、腹痛などで済むものもあれば、細菌、ウイルス、化学物質などの原因、かかった方の免疫の状態によっては、最悪の場合死に至るような食中毒が起きることもあります。 また、飲食店やお弁当での食事はもちろんのこと、家庭内でも注意が必要です。あなたの生活の中にどのくらい食中毒にかかりやすい要素があるか、セルフチェックしてみましょう。
1/16

刺身や生卵など食材を加熱せずに食べるのが好きだ

「ドライアイ」チェック

涙が足りない…あなたの瞳がSOSかも!

オフィスで仕事をされている方の、なんと3人に1人がドライアイだと言われています現代社会。 ドライアイはコンタクトレンズや空調で乾燥した部屋で長時間モニターと向き合う、そんなライフスタイルの変化により増えている現代病です。充血したり目やにが多かったり、痛みや視力低下…ドライアイの症状は目が乾くだけでなく、様々なものがあります。(ドライアイが理由で頭痛なんて声も!) 目薬や保湿というちょっとした対処法で症状が緩和されることもあります。 まずはドライアイなのか、チェックをされてみてはいかがでしょうか?
1/13

目の疲れを感じる

健康チェック一覧

「痩せない生活習慣」チェック

ダイエットがうまくいかない…? それって生活習慣のせいかも!

痩せたいのに痩せられない…! ダイエット中の方なら一度は感じた事があるかもしれませんね。運動しても食事を制限しても身体に変化が出ないときは、知らず知らずのうちに痩せない生活習慣を作り出してしまっていることも。Doctors Me医師監修のセルフチェックで生活習慣を見直してみましょう。
1/20

体重計に乗る習慣がない

「蓄膿(ちくのう)症」チェック

いつまでも鼻がグジュグジュ…変なニオイも…それ、蓄膿症かも?

鼻がつまって息苦しい、ドロっとした鼻水が出る、嫌なニオイがする、頭が重い…その症状はもしかすると、慢性副鼻腔炎、いわゆる「蓄膿(ちくのう)症」の兆候かもしれません。 風邪、カビ、花粉などによる鼻腔の炎症が原因? 症状が長引くと炎症部分に膿が出る? ご自分の症状が蓄膿症の兆候でないか、セルフチェックしてみましょう。 <a href="https://doctors-me.com/doctor/nose/3" class="link_column ref">蓄膿症について</a>
1/10

ドロッとした黄緑色の鼻水が出る

「危ない不正出血」チェック

生理じゃないのに出血が…これって大丈夫?

生理以外で出血した経験はないでしょうか? 女性の体はデリケートなため、不正出血は誰しも起こり得ることです。ただ、危険な不正出血ではないかは要注意です。自身の症状が危ない不正出血でないか、セルフチェックしてみましょう。
1/10

生理の出血量が多い

「運動不足」チェック

なんだか不調が続く…?運動足りてますか?

運動足りていますか? 運動不足は腰痛や便秘をはじめとする身体の不調を引き起こします。ランニングや水泳といった激しい運動ではなくとも、ストレッチやウォーキングなど少しずつ運動したいものですね。運動不足は毎日のちょっとした動きを変えるだけで解消できる可能性があります。 まずはチェックをしながら普段の生活で見直せるポイントを探してみましょう。自分は大丈夫!と思っている人も、本当に運動が足りているかチェックしてみましょう。
1/10

上の階に行くときはほとんどエレベータやエスカレータを使う

「咳・くしゃみマナー」チェック

あなたの咳やくしゃみ、周りの人を不快にしてませんか?

咳やくしゃみをするのは生理的なもの…分かっていても電車の中でむやみに咳をしていたりする人を見ると、いやな気持ちになることもありますよね。 しかしご自身はどうでしょうか?無意識に人が嫌がる咳やくしゃみをしていませんか? 咳やくしゃみの仕方を気を付けないと、人を不快にさせてしまうだけでなく、病気に感染させてしまうこともあります。周りの人が不快にならない、病気を拡散させない「咳マナー」を知りましょう。 まずはご自身の咳マナーについてチェックしてみましょう。
1/10

風邪気味の時はマスクを使う

「生理痛になりやすい生活習慣」チェック

気付かない間に自分のこと痛めつけてるかも…!

生理痛、つらいですよね。 吐き気や頭痛、腰痛、下痢…と症状も度合いも人それぞれ。どうにかして生理痛を緩和したい!と思って薬に頼っている人にこのセルフチェックをオススメします。普段口にしている食べ物や飲み物、生活習慣が原因で生理痛を悪化させているかもしれません。自分で自分を痛めつける必要はありませんよ。まずはチェックをしながら普段の生活習慣を見直してみましょう。 <a href="https://doctors-me.com/doctor/female/2" class="link_column ref">生理痛について</a>
1/10

常にダイエットを心がけている

「妊娠中の正しい過ごし方」チェック

妊娠中、正しい生活できていますか?

妊娠中、正しい生活を送る事ができていますか? 妊娠をすると、体も心も変化していきます。妊娠前と比べると、できることが徐々に減ってきて、食べるものにも気を使ったりしなければいけませんね。赤ちゃんとお母さんの健康を守るため、正しく安全な生活ができているかどうか、チェックしてみましょう。
1/10

タバコは吸っていない

「子どものADHD」チェック

「落ち着きがない」だけでは判断できないけど…不安。

ADHD(注意欠陥多動性障害)は発達障害のひとつと言われています。 「うちの子、お友達に比べて落ち着きがない気がする」「宿題を何度言ってもしてくれない」と心配に思っておられるお父さんお母さんも多いかと思います。診断には専門の医師の診察が不可欠です。その前にまずはお子さんの様子がADHDの症状に当てはまるかどうか、セルフチェックしてみましょう。
1/10

じっとしているのが苦手で落ち着きがない

「ドライアイ」チェック

涙が足りない…あなたの瞳がSOSかも!

オフィスで仕事をされている方の、なんと3人に1人がドライアイだと言われています現代社会。 ドライアイはコンタクトレンズや空調で乾燥した部屋で長時間モニターと向き合う、そんなライフスタイルの変化により増えている現代病です。充血したり目やにが多かったり、痛みや視力低下…ドライアイの症状は目が乾くだけでなく、様々なものがあります。(ドライアイが理由で頭痛なんて声も!) 目薬や保湿というちょっとした対処法で症状が緩和されることもあります。 まずはドライアイなのか、チェックをされてみてはいかがでしょうか?
1/13

目の疲れを感じる

「安産体質」チェック

安産体質!

これから出産をむかえるプレママにとって、安産になるかどうかは心配の種だと思います。 あなたは安産体質なのでしょうか? セルフチェックしてみましょう。
1/10

体重が増えすぎてしまっている

「乳がんリスク」チェック

しこりや違和感、ありませんか?

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳房を切除する手術をおこなったのは記憶に新しいところ。これは彼女が遺伝子検査で自らのがん発症のリスクを知り、その予防のためにおこなったリスク低減手術です。 では、遺伝子以外に乳がん発症のリスクになるものはあるのでしょうか。実は、生活習慣でも乳がんのリスクと関連があるものが明らかになってきています。 あなたの乳がんリスクをチェックして、どんなことに気を付けたらよいか、どんな検査を受けたらよいか、確認してみてはいかがでしょうか。
1/19

お酒を1日1杯程度(日本酒なら1合(180ml)、ビール中ジョッキ1杯(500ml)、ワインをグラス2杯(200ml))飲む習慣がある

「風邪予防の習慣」チェック

手洗い、うがい、しっかり習慣化できていますか?

手を洗わなくても、うがいをしなくても、体が強いし大丈夫!などと思って「風邪予防」を怠ってはいませんか? 毎日健康でいるためには、日頃からの意識が大切なのです。まずはしっかり風邪予防ができているか、チェックしてみましょう。
1/11

外から帰ってきたら手を洗っている?

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?

妊娠をしたら、誰もが安心して出産を迎えたい、安産だといいなと思うもの。ただ、そもそも安産は望んで得られるものなのでしょうか。安産になる人と難産になる人の違いはどこにあるのでしょうか。 体型? 生活習慣? 年齢? それとも…気になりますよね。まずは、ご自身が安産体質なのかどうか、簡単なチェックをしてみましょう!
1/10

体重が増えすぎてしまっている

「危険な腹痛」チェック

ストレス性? 下痢が続く?それって"危険な痛み"かもしれません…

腹痛は、食道、胃、小腸、大腸、虫垂、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、腎臓、尿管、膀胱、卵巣、子宮等の臓器に、何らかの異常が生じて起こるものです。各々の臓器によって症状に特徴があるため、症状を詳しく見れば程度まで区別することができます。 ただ、痛みの原因をはっきりさせたいときには、病院を受診して医師に相談し、お腹を触ってもらい、必要な検査をしないと正確なことはわかりません。「ちょっと気になる…」という方は、まずは簡単なセルフチェックから始めてみてはいかがでしょうか?
1/15

腹痛は波があって断続的ですか?

「ニコチン依存症」チェック

喫煙者必見! あなたのニコチン依存症度を測ろう!

タバコは、がんや心筋梗塞、脳卒中などのリスクとなるため、百害あって一利なし!というのは頭では理解しているけれど、なかなかやめられない、仕事がひと段落したら禁煙しよう、きっとその気になればいつでもやめられる…そんな風に考えていませんか? また、いざ禁煙を始めてみたものの、イライラする、集中できないといった“ニコチン切れ”症状が出て、すぐに吸ってしまう…というのを繰り返しているのでは? 喫煙者の皆さんは、必見です。まずは、ご自身のニコチン依存度をセルフチェックしてみましょう。
1/17

タバコに依存していると感じたことがある

「肌荒れ危険度」チェック

気づけば肌荒れがひどくなっている…あなたの生活習慣は大丈夫?

肌荒れ、カサカサ、ニキビ、たるみ、シワ…肌に関する悩みは尽きないですよね。特に悩みはないという方は素晴らしいですが、大抵は何らかのトラブルを抱えているはず。 では、どうしたら、お肌の悩みを解消することができるのでしょうか。実は、あなたの生活の中にヒントが隠されているかもしれません。 まずは、生活習慣を振り返って、肌荒れの危険度をチェックしてみましょう!
1/16

規則正しい生活を送っている

「頭痛タイプ」チェック

あなたの頭痛タイプ(偏頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛、混合型頭痛)は?

こめかみのあたりがズキズキする、ガンガンと脈打つような痛みがある、目の奥の方が痛い…頭痛はつらいですよね。 日本人の3人に1人は頭痛持ちと言われていますが、一口に「頭痛」といっても様々なタイプがあります。慢性頭痛と呼ばれるものには、大きく<b>「偏頭痛」、「緊張性頭痛」、「群発頭痛」、「混合型頭痛」</b>に分類されますが、このタイプによって対処方法が変わります。 頭痛に悩まされている方、まずは自分の頭痛のタイプがどれに当てはまるかチェックしてみましょう! <a href="https://doctors-me.com/doctor/symptom/1" class="link_column ref">頭痛について</a>

「生理不順」チェック

女性ホルモンが複雑に反応して起きる生理不順。不安な方はチェック!

女性なら誰もが付き合っていかなければならない「生理」。生理は、いくつかの女性ホルモンが複雑に反応して起きますが、このホルモンのメカニズムはちょっとした生活の乱れやストレスに影響を受けやすく、心や体に何らかのトラブルがあると生理が遅れたり、場合によっては止まってしまいます。 自分の心や体の健康のバロメーターにもなる生理周期。まずは、簡単にできるセルフチェックで、生理不順になりやすいかどうか確認してみましょう。
1/16

生活が不規則である

「ピロリ菌の感染度」チェック

胃がんリスクを高めるピロリ菌…感染度をチェック

胃の中に棲みつき、悪影響を及ぼす「ピロリ菌」。胃十二指腸潰瘍の原因となるだけでなく、胃がんの原因となることがわかってきました。感染経路ははっきりしていませんが、症状からある程度はピロリ菌に感染しているかどうかがわかります。 そこで、ピロリ菌の感染度をチェックできるコンテンツを用意しました。ピロリ菌感染が疑われる場合は、病院を受診して検査を受けるようにしてくださいね。
1/16

今までに胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがありますか?

「放っておくと危険な咳(せき)」チェック

いつまでも治らない? その咳重大な病気かも...

咳は、風邪や花粉症などのアレルギー症状としてよく見られるため軽く考えがちですが、もしかしたら肺炎やCOPDなどの重大な病気にかかっているかもしれません。 呼吸器に何らかの原因があり咳は出るもの。なかなか良くならない咳を放っておくと、病気が進行してしまうことも… ご自身やご家族の咳が危ないものか否かを知り、早期に治療を受け、症状を悪化させることがないように、まずはセルフチェックしてみましょう。
1/15

どのくらい咳が続いていますか?

「虫歯」チェック

もしかして虫歯かも!? チェックしてみよう!

冷たいものがしみるけど痛いというほどではないし…仕事が忙しくてなかなかクリニックにいく暇がないんだよな…そんな風に思って、歯科検診を怠っていませんか? 虫歯になりやすい生活を送ってしまっていませんか? 歯は食事をするだけのものではなく、あなたの笑顔や印象にも大きく影響する大事なものです。白くて綺麗な歯を維持して虫歯に悩みたくない方は、早速虫歯リスクをチェックしてみましょう!
1/16

1日の食事回数は3回以下である

「子宮頸がんリスク」チェック

20~40歳代の女性に多いといわれる子宮頸がん。あなたは大丈夫?

子宮頸がんとは、20~40歳代の若い世代の女性が発症することが多い病気です。一生のうちで74人に1人の女性が子宮頸がんを罹患するといわれています。 原因は、ほぼ100%粘膜の接触、つまりは性交渉の際に感染する「ヒトパピローマウイルス」(HPV)です。ウイルス自体は、約80%の女性が一度は感染しているともいわれ、その意味では誰もが子宮頸がんになるリスクがあります。 発見が遅れて進行した状態で見つかると、命に関わることもある怖いがんのひとつですので、以下でご自身の子宮頸がんのリスクをチェックしましょう。
1/15

セックスをしたことがある

「花粉症度」チェック

日本人の3人に1人が発症!花粉症の可能性をチェック!

花粉症とは、主に植物の花粉に対して過剰なアレルギー反応を起こしてしまうことで、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水などを引き起こす病気です。 花粉症を起こす代表的な植物としてスギがありますが、そのほか、ヒノキ、ブタクサ、イネ、ヨモギなども花粉症を起こします。花粉が飛ぶ時期が毎年決まっており、スギ花粉であれば2月末~5月初めにさまざまな症状が出ます。いまや日本人の3人に1人が花粉症といわれているくらい、患者数が多い病気です。 ご自身の花粉症についてチェックしましょう。
1/15

春または秋に、目がかゆくなる

「肌タイプ」チェック

「脂性肌」「乾燥肌」「混合肌」 あなたはどの肌タイプ?

化粧品やスキンケア用品を選ぶとき、「乾燥肌用」や「油(脂)性肌用」などの種類があり、迷った経験はありませんか? 自身の肌の状態を知ることは、よりよいスキンケアをする上でとても大切です。肌に合っていない化粧品やスキンケア用品を選んでしまうと、思うような効果が得られません。 脂性肌なのか乾燥肌なのか、はたまた混合肌なのか…まずは、肌タイプをセルフチェックして、肌の状態を確認してみましょう!
1/15

顔全体がテカテカしやすい

「知覚過敏」チェック

歯がツーンとしみることはありませんか?それって知覚過敏かも…

冷たいものや熱いものを飲み食べしたときに歯がつーんとしみて痛い、という経験はありませんか? 歯科を受診しても虫歯ではないといわれた場合、「知覚過敏」であることが多いです。 歯の表面のエナメル質が部分的に薄くなっており、そのために冷たいもの、熱いもの、甘いものなどの刺激物を摂ると、しみるような痛みを感じます。また、エナメル質が薄くなるのは、虫歯の一歩手前の症状、強い歯ぎしり、研磨剤入りの歯磨き粉の使用などが原因だと考えられます。 そういえば…と思い当たるところがある方は、ご自身の歯が知覚過敏になっていないかチェックしてみましょう。
1/15

冷たいものを食べると歯がしみる