栄養士への相談

よろしくお願いいたします。 すみません、主人の帰宅が22時…

相談者(32歳/女性)

よろしくお願いいたします。
すみません、主人の帰宅が22時をすぎることが多くなりました。
消化に良いものを、、と思いつつも、本人はいつものようにしっかりご飯を食べたい、、と言います。
私も疲れて帰宅する主人を見て、ストレス発散になるならいつも通りのご飯を作ってあげたいな、、とも思うのですが、やはり体が心配です。。

ボリュームがあり消化に良いご飯などないのはわかっているのですが、、少しでもボリュームがでるような食材がありましたら教えてくださいませんか。
パスタなども大好きです。。

例えばどうしても揚げ物が食べたいと言う時は、豚肉に味つけこんにゃくを巻いて揚げたり、ほんの少しだけ気にしているのですが、、こんなのは気持ち程度にしかなりませんよねm(__)m

長々すみません。

栄養士からの回答

こんにちは。
ご質問ありがとうございます。

ご主人様のお身体を気遣ってのご心配とひと工夫、ご主人様は幸せですね。

相談者様がご心配されてますように、遅い夕食、それもガッツリとした食事は肥満の元にもなりますし、本来休むべき時間に消化器官を働かせてしまうなど良いことはありません。

働き盛りゆえに、揚げ物などガッツリした食事をお腹いっぱい食べたい、というご主人様のお気持ちも十分理解できますし、現代社会はご主人様のような状況に置かれている方が多いです。

一般的な栄養指導では夕方4〜7時の間に、おにぎりなど補食を摂ることをオススメしていますが取り入れてみてはいかがでしょう。
補食を摂ることで、遅い夕食の際、量を減らすことが可能だからです。

揚げ物などガッツリしたものもその時に召し上がることができたら理想です。

遅い時間の夕食はお粥や素うどんなど出来るだけ胃腸に負担のかからないものが望ましいです。

食べすぎ防止や代謝アップのためにも、遅い夕食には「汁物」をプラスすること
とくに「味噌汁」はカロリーが低く消化されやすいです。
野菜や豆腐など体にいい食材を具材として取り入れることで、健康管理にも役立ちます。
毎日違う具材を入れることで飽きることなく続けられるのも嬉しいポイントです。

また疲れて帰ってきたときには、力がみなぎるように「お肉」が食べたくなりますが、脂肪分が多いお肉は遅い夕食には向きません。
お肉が食べたいときには、鶏の「ささみ」や「胸肉」をチョイスしましょう。低カロリーながらお肉をしっかりととることができます。料理方法は、油を使わずに蒸したり煮たりするのがオススメです。
また相談者様の工夫されているようにキノコやコンニャクなど低カロリー食材を巻いたり、豆腐ハンバーグのように低カロリー食材を混ぜ込んで調理してみてください。

またパスタもカロリーを抑えた商品が発売されていたりするので、健康食品コーナーに行ってみるのも良いですね。

お役に立てましたら幸いです。

相談者(32歳/女性)

お悩み解決

本当に本当にありがとうございました!!
とても勉強になりました。
これからも楽しく食と向き合っていこう、と前向きになりました!!!
本当にありがとうございました!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のQ&Aランキング