医師監修

高温障害/熱けいれん熱虚脱熱射病/日射病とは

熱けいれん/熱虚脱(熱失神)/熱射病(日射病)とは、いずれも熱中症と呼ばれていたものを再分類したもので高温障害の一種です。熱けいれんは、大量の発汗後に水分のみを補充することなどにより体内の塩分が不足して痛みを伴う痙攣(けいれん) が起きたものです。熱虚脱とは、発汗と脱水、血管拡張などにより急に起こる意識障害のことです。体温は正常であることが多いです。熱射病は最重症の状態で汗をかくことができず、40度以上の発熱や高度の意識障害を呈するもので死亡するリスクもあります。

高温障害/熱けいれん熱虚脱熱射病/日射病の症状

高温障害/熱けいれん熱虚脱熱射病/日射病の高温障害で発生頻度が一番高い熱虚脱の症状は、頭重感、頭痛、倦怠感、虚脱感などです。症状が進行すると、めまい、耳鳴り、顔面蒼白、冷や汗などが現れ、意識喪失が起こることもあります。通常、体温は上昇しません。
  
熱けいれんでは、口の渇き、めまい、頭痛、吐き気、嘔吐、腹痛、筋れん縮・けいれんなどが見られ、体温は上昇しません。
  
熱射病・日射病は体温が上昇するのが特徴で、発汗、口の渇き、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、倦怠感などが見られます。進行すると皮膚が乾燥し熱く紅潮し、けいれん、意識障害などが現れ、まれに死亡することもあるため注意が必要です。

高温障害/熱けいれん熱虚脱熱射病/日射病の原因

高温障害/熱けいれん熱虚脱熱射病/日射病の高温障害で発生頻度が一番高い熱虚脱の症状は、頭重感、頭痛、倦怠感、虚脱感などです。症状が進行すると、めまい、耳鳴り、顔面蒼白、冷や汗などが現れ、意識喪失が起こることもあります。通常、体温は上昇しません。
  
熱けいれんでは、口の渇き、めまい、頭痛、吐き気、嘔吐、腹痛、筋れん縮・けいれんなどが見られ、体温は上昇しません。
  
熱射病・日射病は体温が上昇するのが特徴で、発汗、口の渇き、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐、倦怠感などが見られます。進行すると皮膚が乾燥し熱く紅潮し、けいれん、意識障害などが現れ、まれに死亡することもあるため注意が必要です。

高温障害/熱けいれん熱虚脱熱射病/日射病の治療法

高温障害/熱けいれん熱虚脱熱射病/日射病を起こさないためには、普段から長時間、高温多湿の環境に身を置かないように留意しなければなりません。直射日光の下に出る場合は、帽子やタオルなどで頭や首を日光から守り、水分と塩分の補給も忘れないようにすることが大切です。
  
症状が出てしまったら、涼しい場所で安静にして塩分が含まれるスポーツドリンクなどで水分を補給しましょう。重症化した場合は、早めに医師の診察を受けることが重要です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

高温障害/熱けいれん熱虚脱熱射病/日射病の相談

高温障害/熱けいれん熱虚脱熱射病/日射病に関するコラム