医師監修

有機溶剤中毒とは

有機溶剤中毒は、ゴムや樹脂、塗料などに含まれる有機化合物が呼吸器から体内に入ることで急性中毒や慢性中毒などの症状を及ぼします。通常は一定量以下であれば尿として体外に排出されますが、体内で蓄積されることによって重大な障害にまで発展する場合があり注意が必要です。

有機溶剤中毒の症状

有機溶剤中毒は、高濃度の有機化合物を吸ったり、触れたりすることで急性中毒の症状が見られます。その症状は、頭痛やめまい、ふらつきや食欲不振など多岐に亘りひどい場合は死に至るケースもあり注意が必要です。有機化合物の濃度の濃さに限らず症状がみられます。
  
脂に溶ける性質を持つ有機溶剤は、臓器に蓄積していき、許容量を超えると尿として排出できなくなり、体内に蓄積されます。慢性中毒化した症状は、記憶力の低下や手足のしびれや麻痺などが挙げられ、発がん性物質の危険性も示唆されています。慢性化した場合の症状は、他の病気の症状と似ているため、不調を訴えた場合は早めに受診することが重要です。

有機溶剤中毒の原因

有機溶剤中毒の原因は、塗料や樹脂などに含まれる有機化合物が一定量以上体内に入ることで中毒症状を発症します。
  
呼吸器系から侵入する場合と、皮膚から直接浸透する経路が考えられます。原因としては、喚起などの環境を整え適切な方法で使用しない場合や、低濃度であっても、長時間にわたって作業した場合など、急性中毒の症状が現れます。
  
皮膚に直接触れないような装備や、有機溶剤に対して正しい認識を持たない場合、その重要性に気づかず、長時間作業を継続してしまったりする場合もあります。短時間であっても、使用方法や危険性も把握することが重要です。

有機溶剤中毒の治療法

有機溶剤中毒を予防するためには、使用する溶剤などを正しい方法で適切に使用することが予防につながる一つの方法といえます。薄めて使用する場合などは、定められた量を守り、環境を整えてから作業することが重要です。
  
短時間であっても、急性中毒を発症する場合もあるため、頭痛やめまい、吐き気などいつもと違う症状を感じたらすぐに作業をやめ、空気の入れ替えや別な場所に移動して休息をとることも有効です。異変を感じたら早めに受診することで、慢性中毒への予防にもつながります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください