多発性骨髄腫たはつせいこつずいしゅ

カテゴリ
血液・造血器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

多発性骨髄腫とは

多発性骨髄腫は、血液の病気で、中年以降の人に多くみられます。骨髄腫細胞が形質細胞を1種類だけ大量に作るものです。骨打ち抜き像と呼ばれる特徴ある所見を示し、腎機能の低下も問題となります。

多発性骨髄腫の症状

多発性骨髄腫になると現れる症状は多岐にわたります。骨を破壊する細胞が活性化するため、脊椎や肋骨に痛みを感じます。運動すると悪化する場合もあり、継続的な痛みがある場合は、病的骨折の可能性があります。
また、肺炎や帯状疱疹などの感染症も発生しやすいです。多発性骨髄腫になると、抗体を製造する能力が低下するため、免疫不全となり、感染症になります。
高カルシウム血症によって、脱力感や意識障害などの神経症状も引き起こされます。腫瘍細胞が脊柱管浸潤まで届くと、根性疼痛や膀胱直腸障害が起こったり、末梢神経障害を患ったりします。

多発性骨髄腫の原因

多発性骨髄腫の原因は、現在の研究段階では明らかになっていませんが、遺伝的素因や環境因子、年齢や性別が発病に関係していることが分かっています。
多発性骨髄腫患者の骨髄腫細胞には、遺伝子の異常が数種類生じています。中でも14番染色体の転座や染色体の数の異常が多く、1、13、17染色体の異常は予後に関係があります。日本では10万人に2~3人の割合で発症しています。
40歳未満での発症率は低く、年齢が進むほど発症率が上がっていきます。また、男性患者の方がやや多い傾向にあります。
放射線捕縛やダイオキシンの暴露、化学薬品などの環境因子が原因となることもあります。

多発性骨髄腫の治療法

多発性骨髄腫の治療法は、大きく分けて移植療法と化学療法の2つです。
移植療法は、65歳以下の初発症例に行われることが多い治療法です。自家造血幹細胞移植を末梢血幹細胞によって行います。
化学療法には2種類あり、通常行われるものと、難治性や進行性、再発性のものに対して行われるものがあります。通常はMP療法やCP療法、HD-DEX療法などで、難治性などには、サリドマイドやレナリドミド、ボルテゾミフなどが行われます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

多発性骨髄腫に関するコラム