色覚異常しきかくいじょう

カテゴリ
脳の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

色覚異常とは

網膜にある色を感じる3つの錐体のうち、1つ以上が欠損していることにより、色の区別がしにくくなることを指します。最も多い「先天性赤緑色色覚異常」は日本人男性の約5%、女性の約0.2%にみられるといわれています。

色覚異常の症状

色覚異常は程度によって1色覚(旧:全色盲)、2色覚、3色覚(旧:色弱)に、問題となる錐体の種類によって1型色覚、2型色覚、3型色覚に分類されます。例えば、灰色と赤と緑だと、1型色覚では緑は区別できますが、赤と灰色が区別しにくく、 2型色覚では、灰色と緑色との区別のつきにくくなります。ほかにも、赤と青、オレンジと黄緑、緑と茶色、赤と黒、ピンクと水色など見分けにくい色があります。
  
日常生活では、
・信号が見にくい(特に点滅している場合)
・強調のために用いられる赤い文字が見にくい
・肉の焼け具合がわかりにくい
・色分けしてある路線図や表示がわかりづらい
などの影響があらわれます。

色覚異常の原因

色は可視光線の特定の波長域に応じて区別できます。網膜には3種類の錐体が存在し、波長の感度の違いによって、L-錐体、M-錐体、S-錐体と呼ばれています。
  
目に光が入ると、錐体が波長を感知し、その情報が網膜から視神経を通って大脳皮質の視覚中枢に運ばれ、色を識別します。色覚異常は、3つの錐体のどれか(あるいはすべて)が欠損しているか、不完全であるために起こります。正常に働く錐体の数や種類によって、程度や区別のつきにくい色が変わってきます。
  
また、遺伝による先天性のもののほかに、目や脳の病気が原因となる「後天色覚異常」もあります。

色覚異常の治療法

先天色覚異常は遺伝によるものなので、予防方法はありません。また、現在の医療では治療することも不可能です。
  
色覚異常の兆候がある場合は、早めに検査を受けて、自分がどの色を見分けにくいのかを把握することが重要です。見分けにくい色を理解することで、誤認するような状況やポイントがわかるようになります。
 
また、自分に適した職業を事前に選択できるため、仕事に支障が生じて転職する、などの状況を防ぐことができます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください