若年性特発性関節炎(JIA)じゃくねんせいとくはつせいかんせつえん(じぇーあいえー)

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

若年性特発性関節炎(JIA)とは

若年性特発性関節炎(JIA)とは、16歳以下の小児期に発症する慢性関節炎の一種です。一般的には成人してから多く発症するとされている関節リウマチが子どもに発症したもので、全身型と関節型に分類されます。

若年性特発性関節炎(JIA)の症状

若年性特発性関節炎の症状は、分類によって異なります。
  
・全身型の場合
主に発熱や発疹などをはじめとした全身症状が目立ち、関節症状はあまり見られません。特徴的なのは一日のうちに大きな体温の変化が起こる弛張熱で、1度以上の日差変動を示します。また、リンパ節腫脹や胸膜炎、咽頭痛などが見られます。
   
・関節型の場合
5カ所以上の関節に炎症が見られる多関節型と、4カ所以下の炎症をもつ小関節型とがありますが、いずれも関節腫脹や圧痛、運動時痛などの症状を示します。微熱を伴う場合もあり、また小関節型の場合は虹彩炎を併発することもあります。

若年性特発性関節炎(JIA)の原因

若年性特発性関節炎の原因は、全身型と関節型とでは原因が異なるものであると考えられていますが、いまだ不明な点も多く、はっきりとは分かっていません。免疫の異常や、感染症、外傷やストレス、遺伝的要因などさまざまな原因が考えられています。
  
若年性特発性関節炎/若年性関節リウマチにかかると、上述したような症状が現れますが、全身型の場合は他の疾患で見られる症状と似ているため、診断に時間がかかります。関節型の場合も、子どもが自ら痛みを訴えることがなければ症状に気付かないことがあります。関節炎は、ひどくなると骨や軟骨が破壊され、関節が動かなくなってしまうため、早期発見は何よりも重要です。

若年性特発性関節炎(JIA)の治療法

詳しい原因が分かっていないため、若年性特発性関節炎を予防するための方法もいまだ確立されていません。この病気の治療は、全身型と関節型で少々異なりますが、どちらもまずは非ステロイド性消炎鎮痛薬の投薬が行われます。
  
また、治療を行っていても、患者は慢性的な痛みに苦しむ場合が多いため、家族をはじめとした周囲の人間の理解や助けも大切ですが、専門医のほか、理学療法士、心理療法士などの援助も受けることも勧められます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください