産瘤さんりゅう

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

産瘤とは

産瘤とは、乳児の頭や足などにできるこぶのことです。出産後すぐに見られるものですが、時間が経つにつれて元に戻るので心配はいりません。ほかの疾患の可能性を調べ、特になければ、産瘤自体で治療をする必要はありません。

産瘤の症状

産瘤は、生まれたての赤ちゃんに見られる頭のこぶです。最近まれですが、逆子の場合はおしりにできることもあります。
  
こぶ自体は大人の手のひらで覆えるくらいの大きさのことが多く、正常な部分の頭皮との境目があまりはっきりしてはいません。触った感じはぷよぷよとしており、押すとねんどのように凹んだままになるのが特徴です。
  
生まれた直後は頭の大きなこぶに驚いてしまいますが、産瘤はだいたいは生後数日で元に戻ります。なかには、時間がかかることもありますが、それでも1週間程度でよくなっていくのであまり心配はいりません。

産瘤の原因

産瘤は、分娩の時にできる皮下の浮腫の一種です。赤ちゃんは、お母さんの産道を通るとき、頭の形を変形させながらおりていきます。その時、先頭となる頭(逆子の場合は足や臀部)が、産道を押し広げるときに、強く圧迫されます。するとその部位の体液やリンパ液などの流れが滞りうっ血が起こります。その体液やリンパ液が溜まってむくみとなり浮腫が起こります。
  
産瘤は、産道の圧迫が強く、赤ちゃんのいる時間が長いほど起こりやすく、また、変形の程度も大きくなります。そのため、難産などで長時間産道にいた赤ちゃんに起こることがあります。

産瘤の治療法

産瘤は自然と治るものなので心配はいりません。
  
ただし、産瘤と同じような症状に、頭血腫とや帽状腱膜下血腫というものがあります。帽状腱膜下血腫も同じように赤ちゃんの頭などにこぶができますが、出血がひどくなりやすいので、注意が必要です。産瘤といくつかの見分けるポイントなどがあるので、医師の診察をしっかり受けることが大切になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください