筋性斜頸きんせいしゃけい

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

筋性斜頸とは

筋性斜頸とは、首の左右にある胸鎖乳突筋という筋肉が、固く縮んでしまうことによって、左右がアンバランスとなり、首が傾いている病気をいいます。出生数1000人に対して2~3人の割合で、男女の差なく起こる症状です。

筋性斜頸の症状

筋性斜頸がある場合には、出生した直後から、常に首を傾けています。生後1週間頃には、胸鎖乳突筋の分岐部にしこりを確認できることもあります。しこりは、生後3週間頃までは肥大しますが、生後数か月までの間に、自然に大半は小さくなるか、縮小していきます。
  
稀に、しこりが残ってしまい、治癒が遅れたケースでは、しこりのある方に頭部が傾き、顔が反対側を向くことで、顔面の左右が非対称の状態になります。症状が軽い場合には、しこりが大きくなった段階で判明することがありますが、しこりがなく、顔が傾いているケースでは、向き癖の可能性があります。

筋性斜頸の原因

筋性斜頸は、先天性に起こり、後頭部と鎖骨や胸骨をつなぐ胸鎖乳突筋という筋肉の拘縮のために起こります。
母体で、妊娠末期や分娩時に胎児の頭や首に何らかの原因によって、圧力が加わることが要因と推測されています。
圧力の影響によって、後頭部と鎖骨や胸骨を繋いでいる胸鎖乳突筋が増殖し、頸部の筋肉にしこりが形成されていきます。また、分娩時に、頭部が産道から出る際に引っ張られることによる筋肉の外傷によって、筋肉内の圧力が高まることも原因とされており、はっきりとした原因はわかっていません。
 
筋性斜頸は、骨盤位分娩では、頭位分娩と比較して、高い確率で発症し、初産や難産にも多いとされています。

筋性斜頸の治療法

筋性斜頸は、先天性のものとされていますので、明らかな予防方法は確立されていません。骨盤位などがあれば、しっかり経過をみていくことが大切になります。
  
1歳頃までに、自然に治るケースがほとんどですので、バスタオルをあてるなどして、経過観察を行うことが多くなります。家庭では、頭の形がいびつにならないように、寝癖に気をつけ、向いている方と反対側から声をかけたり、興味のあるものを見させたりするとよいです。
  
1歳頃に症状がおさまっても、4~5歳で再び症状が現れるケースもあるので、3歳まで経過観察を続けます。しこりが消えず、筋性斜頸が残る場合には、3歳頃に胸鎖乳突筋切腱術という手術が行われます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください