動脈管開存どうみゃくかんかいぞん

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

動脈管開存とは

動脈管開存とは、生後に閉じるはずの動脈管が、何らかの原因で出生後にも閉鎖せずに残ってしまうこと心疾患です。動脈管は、本来であれば誕生から数日の間に閉じるのが一般的ですが、この疾患では開かれたままとなってしまいます。

動脈管開存の症状

動脈管開存と、それによって引き起こされる心不全による主な症状には、
・食欲がなく、ミルクや母乳をあまり受け付けない
・ミルクや母乳を飲むことはできるものの、体重の増加につながらない
・呼吸の回数が多く、はあはあと荒い
・元気があまりないように感じる
・多汗
などが挙げられます。

このような症状が新生児にみられる場合には、早急に医療機関での検査を受けることが必要です。

動脈管開存の原因

動脈管開存とは、動脈管が閉じずに、開いたままになってしまうことです。本来、動脈管は誕生直後に肺呼吸が始まると血管壁が収縮し、生後2~3週間の間に自然に閉じていきますが、この疾患においてはそのまま閉塞せずに残ってしまいます。

動脈管開存に伴い、心不全や肺高血圧など、特に重篤な症状がみられる場合には、早期に手術やカテーテルでの治療を行うことが推奨されています。また、まれにチアノーゼ(皮膚や唇が紫色に変色してしまうこと)を引き起こす、アイゼンメンジャー症候群につながってしまうケースもあり、注意が必要です。

動脈管開存の治療法

動脈管開存は先天性の病気ですので、特に予防方法などは確立していません。しかし、出生後の健康診断で、独特の心音から発見されることが多くあります。

細密な検査には、心臓超音波検査や胸部レントゲンや心電図などが使用され、手術は外科的手術が適応されます。

新生児段階での治療においては、インドメタシンと呼ばれる薬を使用します。生後10日~14日程度までに投与することで効果的に働きますので、早期に治療を開始しなくてはなりません。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください