急性副腎不全/副腎クリーゼきゅうせいふくじんふぜん/ふくじんくりーぜ

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

急性副腎不全/副腎クリーゼとは

急性副腎不全/副腎クリーゼとは、腎臓の機能不全により、副腎皮質ホルモンの分泌に異常をきたす病気のことです。ホルモンの分泌異常により、糖代謝や水分代謝などが滞るようになってしまうのが特徴です。電解質バランスも崩れるため、精神面に影響が出ることもあります。

急性副腎不全/副腎クリーゼの症状

急性副腎不全を発症した際の症状として、
・全身が疲れやすくだるさを感じる易疲労感
・全身に力が入らないように感じる脱力感
・食欲の不振
などが挙げられ、非特異的な症状が現れます。

また、急性副腎不全が進行すると徐々に症状が重くなり、
・38度以上の高熱
・吐き気とそれにともなう嘔吐
・下痢・腹痛
などが挙げられます。

これらの症状が続くと、極端な脱水症状や血圧の低下が起こり、さらに症状が重篤化すると意識障害や呼吸困難を引き起こし、ショック状態に陥り、治療が遅れてしまうと最悪死亡に至る危険性もある病気です。

急性副腎不全/副腎クリーゼの原因

急性副腎不全を引き起こしてしまう原因としては、副腎皮質ホルモンが極端に減ってしまうことが挙げられます。この状態に至ってしまう理由には、
・副腎が細菌に感染した
・下垂体に何らかの原因によって異常をきたした
・血管が何らかの原因によって閉塞・ないし出血した
などが考えられます。

また、慢性副腎皮質機能低下症に罹患した患者にも急性副腎不全を発症するリスクがあり、これには、手術時や発熱などを起こした際の身体的ストレスがかかわっているのではないかと考えられています。

また、副腎皮質ステロイド薬を、長い間服用していた場合も、発症する可能性のある病気です。

急性副腎不全/副腎クリーゼの治療法

急性副腎不全には、予防する方法は現段階では特にありません。

しかし、この疾患は急激に進行して行くことで知られていますので、急性副腎不全を発症したのではないかと考えられる場合には、速やかに治療を開始することが重要です。

早期に適切な処置を受けることができれば、比較的短い期間で完治に向かう病気であるため、疲労感や脱力感など特徴的な兆候を身体に覚えた場合には、早急に最寄りの医療機関を受診することが必要です。

治療は、副腎皮質ホルモン薬の点滴投与を行います。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください