被虐待児症候群ひぎゃくたいじしょうこうぐん

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

被虐待児症候群とは

被虐待児症候群とは、虐待を受けた子供が発症する精神疾患の一つであり虐待が日常化してしまい、発達障害や身体的な障害を誘発してしまう事があります。
神疾患であるために、治療が非常困難である病気とされており治療の対象となるものは児童だけではなく、親も対象となる事があります。

被虐待児症候群の症状

被虐待児症候群の症状として挙げられることは、殴る蹴るといった暴行による外傷的な傷や、育児放棄などによる栄養不足から起こる発達障害などが挙げられます。
児童や、乳幼児、新生児まで被害が及ぶこともあります。知的障害を誘発したり、頭がい骨骨折や、脳内出血をきたしたりもします。
  
発症している多くの児童は、親の虐待によって生じているためにストレスによって集中力が極端に低下してしまう事も症状の一つとして挙げられます。また、虐待児のフラッシュバックによって突然暴れたり、情緒不安定になってしまったり、不可解な行動や不可解な言動を発したりすることも症状として挙げられます。

被虐待児症候群の原因

被虐待児症候群の原因となるものは、親や養育者の虐待が挙げられます。その虐待にも種類があり、食事を与えなかったり子供の身体的な世話をしない育児放棄や、暴力などによる身体的虐待、罵声を浴びせたり暴言を吐くなどする精神的虐待に分けられます。
  
子供にとっては、どれもストレスが溜まる事ばかりですが、被虐待児症候群を発症している児童の多くが育児放棄によって発症しています。
  
また、乳幼児でも発症する場合があり児童同様に育児放棄が原因として挙げられます。乳幼児の場合は、死に至るケースも存在し、外傷的な傷や栄養失調などで命を落としてしまいます。

被虐待児症候群の治療法

被虐待児症候群の予防としては、親と子供の両方のケアが大切です。子供は、児童養護施設に滞在し、カウンセリングを通して、過去に起こった虐待のストレスや育児放棄による栄養失調を改善していきます。
  
親に行う方法としては、子供と離れた環境で生活し、定期的にカウンセラーと相談しながら、徐々に虐待に関しての危険性と虐待の恐ろしさを改めて学ばせることによって自分の子供に対しての考えを改めると言った事が大切です。
  
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください