脳変性疾患のうへんいせいしっかん

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

脳変性疾患とは

脳変性疾患は、人間が出生した後に生じる病気です。元々あった脳の形がその形を崩して壊れてしまうことからこの疾患が出てきます。
脳変性疾患は、脳の形が壊れてしまう過程において症状が様々に分かれますので、この症状に陥ったときにはまず専門の医師に相談をしてから適切な検査を受けるようにしなくてはいけません。

脳変性疾患の症状

症状は、脳がどのような原因や場所で変性を起こしたかにもよりますが、一般的には後天的な言語障害や肉体的な障害が発生することが脳変性疾患の症状です。脳の変性により歩行をすることが難しくなってしまったり、今まで見えていたものが突然見えなくなったりします。
通常の運動をするだけでも身体のバランスが突然取れなくなってしまうこともあり、二次的な被害に関しても十分注意をする必要があります。また、脳から上手く信号を発することが出来ないために筋肉が痙攣することもあります。症状が進行してくると視野が狭くなるだけではなく、視点を一つに定めることが出来なくなるため、他人とのコミュニケーションにも支障をきたしてしまいます。

脳変性疾患の原因

脳変性疾患は
パーキンソン病,多系統萎縮症,進行性核上性麻痺などのパーキンソン症候群、
脊髄小脳変性症,一部の痙性対麻痺、
筋萎縮性側索硬化症、
アルツハイマー病,レビー小体型認知症,皮質基底核変性症などがあります。
これらは、高齢者に発病しやすい傾向があることから、加齢そのものがリスクであると考えられています。
また、なかには家族性に発症し、
遺伝が関係することもあります。
病気によっては原因となる遺伝子が明らかになっているものもあります。

脳変性疾患の治療法

脳変性疾患は、薬物療法や理学療法を早い段階で進めることによって病状の進行を抑えることが出来ることもあります。
また、肉体的または身体的な変化がわかりやすい病気であることから、幼いころに肉体的または身体的な点において何の問題もなかったにも関わらず、突然歩行困難に陥ったりしたときにはすぐに専門の医師に相談することが賢明です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください