骨系統疾患こつけいとうしっかん

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

骨系統疾患とは

骨系統疾患は、骨を形成する組織に異常が発生する病気です。そのため、その種類には様々なものがあり個々人の状況によって対応する方法が異なっていることに大きな特徴があります。
近年はこの病気に関する治療法が多くの研究機関から提唱されており、世界的にも注目を集めている病気の一つです。

骨系統疾患の症状

骨系統疾患は、本来骨を形成するための組織に対して遺伝的な疾患が生じてしまう病気です。後天的な病気ではなく、主にその人が持っている遺伝的な異常によって発症するもので、先天的な奇形として症状が現れることになります。
この遺伝的な奇形は、個々人の遺伝子によってその形態が全く異なることに特徴があります。世界的な機関もこの病気に対する取り組みは頻繁に行っており、完全に解明されたとは言えず近年でも法改正によって骨系統疾患に関する取り組みはまた新しい局面を迎えています。症状として明らかとなっている種類は数百種類にものぼり、分類方法によってはさらに細分化されることがあります。
特徴的なのはどれも遺伝的な異常によって骨が変形してしまうことです。

骨系統疾患の原因

骨系統疾患の原因は、遺伝的な異常が出てしまうことによって組織を傷つけてしまうことにあります。原因がわかっているのですが、実はその種類があまりにも多すぎて確立された治療法を一律に施すことは難しいです。現在でも研究が進められている病気であり、数百種類以上ある症状の中でも、骨系統疾患の原因として検査をすることができるのは約150種類程度に限定されています。
骨格に以上が出てくると、運動機能の低下や骨折の頻度が多くなるためこれを基準としてさらに症状を精査していくことも可能です。また、骨系統疾患は他の身体の部位と合併症状を起こす危険性があり、病気の要因がはっきりしたときには合併症を起こさないように注意をしなくてはいけません。

骨系統疾患の治療法

現在の骨系統疾患の予防法は、遺伝的または先天的に発生するそれぞれの症状によって異なる治療方法を行うことになります。骨の組織に対するダメージの疾患がそれほど大きくないときはホルモンを注入して入院をしながらゆっくり治療していくこともできます。
また、骨系統疾患によって神経が圧迫されてしまうこともあり、そのような場合は神経を圧迫させないように手術を行う必要があります。
骨系統疾患は先天的な病気で、治療をするためにはまず病院に行って医師から適切な予防策を聞かなくてはいけません。そこで初めて適切な予防と治療が出来ます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください