ウイルス関連血球貪食症候群ういるすかんれんけっきゅうどんしょくしょうこうぐん

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ウイルス関連血球貪食症候群とは

ウイルス関連血球貪食症候群とは1979年に初めて確認されたウイルス感染によって発症する疾患です。主にヘルペス属ウイルスなどに感染することで発病します。
また、感染に続発して汎血球減少症や播種性血管内凝固症候群、多臓器障害といった様々な疾患・病態の発病にいたる疾患として知られています。

ウイルス関連血球貪食症候群の症状

ウイルス関連血球貪食症候群は主にヘルペス属ウイルスの感染によって発病する疾患として認知されていますが、その他のウイルスでも発病にいたる場合があります。そのため、感染したウイルスの種類によっては症状が微妙に異なってきます。
発症頻度の高いものとして、発熱、肝脾腫、リンパ節腫大、黄疸、発疹、そして脳症、髄膜症、痙攣といった症状があります。
また、検査値における異常でもっとも目立つ血球の減少も挙げられます。減少程度には個人差がありますが、血球の減少は進行性であることが確認されています。

ウイルス関連血球貪食症候群の原因

ウイルス関連血球貪食症候群の発病にいたる原因はウイルスによる感染です。その代表格と目されているのがヘルペス属ウイルスです。

しかし、ウイルス関連血球貪食症候群の原因となるウイルスはヘルペス属ウイルス以外にも多数存在します。特にEBウイルス、サイトメガロウイルス、水痘帯状疱疹ウイルス、単純ヘルペスウイルスなどが発病にいたるウイルスとして知られています。

ほかにも、アデノウイルスやデングウイルス、肝炎ウイルスやHIV、インフルエンザウイルスやバラインフルエンザウイルス、麻疹ウイルスや風疹ウイルスなど、そのウイルスが単体で引き起こす各種の疾患とは別に、上記のウイルスに感染後に免疫学的な異常が生じて、ウイルス関連血球貪食症候群の発病にいたります。

ウイルス関連血球貪食症候群の治療法

ウイルス関連血球貪食症候群はヘルペス属ウイルスをはじめとする多種多様なウイルスに感染することで発病します。そのため、ウイルス関連血球貪食症候群の発病を予防するためには、原因となる各種ウイルスの感染を予防することが重要です。
発病の代表格であるヘルペス属ウイルスの感染経路は、接触・飛沫感染のほか、免疫力の低下が原因で感染・発病にいたります。故に手洗い・うがいはもちろん、マスク着用や感染者との接触を極力さける必要があります。また、感染後の潜伏期間が15日前後となるため、感染者が確認された場合はワクチンの投与ないし抗ウイルス剤であるアシクロビルを用いて治療する場合があります。
また一旦、ウイルス関連血球貪食症候群を発症した場合、ステロイド、免疫抑制薬、免疫グロブリンなどの治療が必要となるため、専門機関での治療が望ましいです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください