先天性食道閉鎖せんてんせいしょくどうへいさ

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

先天性食道閉鎖とは

先天性食道閉鎖とは生まれつき食道が塞がっていたり、食道が断裂している状態の病です。この症状を生まれつき持っている乳児は必ず手術が必要になりそのままで生きていく事は不可能だとも言えます。
先天性食道閉鎖を生まれつき持つ子供は、口から泡を吹いたり、ミルクを飲むと激しくむせ、顔が紫に変色するチアノーゼの症状をひきおこしますから親は何らかの異常に必ず気がつくはずです。

先天性食道閉鎖の症状

先天性食道閉鎖を生まれつき持っている乳児は、ミルクを飲む際に激しくむせます。これは食道が閉鎖している為に正常にミルクが食道を通らず、気管に流れ込むためです。
そして、口から泡状の唾液を出したり、時に顔が紫色となりチアノーゼの症状を見せる場合もあります。これに気付かず放置すると、肺炎や呼吸不全など命にも関わりますため、早期に異常を発見する必要があります。
先天性食道閉鎖多くは出産後病院で授乳を開始後、産院で異常が現れる場合が殆どです。出産後、乳児に小さな異常があれば直ぐに看護師や医師に相談すると早期発見にもなります。

先天性食道閉鎖の原因

先天性食道閉鎖の原因は今だに詳しくは分かっていないのが現状でこれは生まれつきの病だとされています。先天性食道閉鎖を持つ場合、妊娠中に羊水過多を指摘されているケースが多いようです。
病気の診断には、乳児の口に細い管を通す事診断が可能なことがあります。先天性食道閉鎖の乳児は食道が塞がっていたり断裂している事によりミルクをスムーズに飲む事が出来ないので早急に手術する必要があります。合併症を抱えているケースもあり、心臓、消化器官、脊椎の奇形や、肺炎等の合併症に留意する必要があります。

先天性食道閉鎖の治療法

先天性食道閉鎖を予防する方法は現在の所は無いようです。この先天性食道閉鎖は発症する原因も今だに不明とされており、生まれつきの病だと言われております。

一昔前まではこの病を生まれつき持つ乳児の治療を出来ず命を諦めなくてはいけませんでした。しかし医学の進歩により今では手術を受ける事で命を取り留める事が可能になっています。

先天性食道閉鎖により命を救う方法は乳児の異常に素早く気づき、手術を行う事が重要です。

現代でもこの病を生まれつき持つ乳児は度々存在します。食道以外に合併症がない場合、手術によりその後何の問題もなく日常生活を送る事が出来るよう場合もあります。心臓など他の臓器にも合併症を持つ場合は、その後の機能予後などは合併症の程度により様々です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください