新生児循環不全しんせいじじゅんかんふぜん

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

新生児循環不全とは

新生児循環不全とは、新生児が出産後に血液循環が不良になってしまう状態です。母体にいたときと、出産後では循環が劇的に変化するのできちんと見ておくことが大切になってきます。容易に循環不全を起こしやすくなるので、医者との話をよく聞き、理解しておくことが大切となってきます。

新生児循環不全の症状

新生児循環不全の症状は様々で、最初はほとんど所見がはっきりしない場合や、哺乳力が落ち、元気がないといった症状から現れる場合、そのあとに皮膚が蒼白になったりする場合があります。

他にも不整脈、多呼吸、心雑音になりやすくなる場合もあります。また他にも、尿量が減り、血圧は低下し、ひどい場合には全身状態を悪化させショック状態になる場合もあります。

普段と様子が違う、哺乳力が著しくて低下しているなどの際は、小児科に見せに行くとよいでしょう。

新生児循環不全の原因

新生児循環不全の原因は様々で、新生児の肺や心臓のトラブル、感染症などから呼吸障害、低体温、心不全などにより循環不全を引き起こしやすくなります。

子供によっては、重度の循環不全を起こしやすくなる子もいるので注意が必要となってきます。また、他にも病気を持っていたりする場合でも循環不全を起こしてしまう場合もああります。

新生児循環不全の治療法

新生児循環不全の予防として、早めに子供の変化に気づくことが大切です。少し様子がおかしかったり、哺乳力の低下、ぐったりしている、呼吸が乱れていたりする場合は小児科に受診するとよいでしょう。

循環不全への治療は、速やかに行われることが望ましいです。
原因により治療法は異なるため、まずは医療機関へ受診して、原因検索とそれに応じた治療をされるとよいでしょう。
新生児で多いのは、感染症です。特に新生児期は細菌感染に弱いため、抗菌薬の投与や点滴などをしてしばらく入院が必要となることがあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください