肘内障ちゅうないしょう

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

肘内障とは

肘内障は、よちよち歩きから幼稚園くらいの幼児に起こりやすい、ひじの亜脱臼です。俗にいう「ひじが抜けた」という状態です。
子どもの手を急に引っ張ったり、転んでしまったときなどに、ひじの関節の親指側の橈骨という骨の頭の部分を支える輪状じん帯から半分抜けかかってしまい起こります。
子どもは腕をだらんとさげて動かさなくなり、他の人が動かそうとすると痛がって泣くこともあります。小学校くらいになると橈骨が固まってきて起こりにくくなります。

肘内障の症状

肘内障の症状は、ひじが伸びた状態で手がだらりと下がったままになり、手を動かせなくなります。外見上、腫れや変形はありません。ひじを曲げたり、手を上げたりすると、子供が痛がって泣いたり、顔をしかめたりします。肩の脱臼や手のマヒと考えられがちですが、ひじの関節の親指側にある橈骨という骨の頭の部分が、関節にある輪状靱帯という筋から外れかかった、亜脱臼(不完全な脱臼)の状態です。
  
前腕を内側に回して前方から圧迫すれば治りますが、まずは整形外科や接骨院にかかることが大切です。骨折を起こしている可能性もあるため、医師に痛みが起きたときの状況を詳しく伝え、診断してもらいます。

肘内障の原因

肘内障は急に手を引っ張ったり、急に手をひねったり、転んで手を突いたりしたときに起こりやすい病気です。また、子供が寝返りをした際や、子供に服を無理に着せようとした際、子供と遊んでいる際に、腕がねじれて脱臼を起こすこともあります。あらゆる生活シーンに肘内障の可能性が潜んでいます。
  
脱臼は子供が腕を動かそうとしている間、あるいは日常の動作中に何かの拍子に整復されることもあります。腫れや変形がないため判断が難しいですが、子供がずっと痛がっている場合は要注意です。時間がたつと治りにくくなることがあります。

肘内障の治療法

肘内障は、一度脱臼を起こすと「くせ」になり、再発しやすくなるため、幼児の手を急に引っ張ったり、ひねったりしないように気をつけることが大切です。脱臼が整復されるとすぐに元の通り腕が使えるようになりますが、整復されてからの数日が再脱臼を起こしやすい時期です。患部に外から力を加えることがないよう注意します。
  
また、肘内障は幼児期特有の病気で、成長とともに橈骨が固まると脱臼しにくくなり、成人の発症はまれです。幼児期の間は注意をすることです。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください