急性心不全きゅうせいしんふぜん

カテゴリ
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

急性心不全とは

急性心不全は病名ではなく、心臓に異常を起こしたため心臓のポンプ機能が急激に低下し、全身の血液の流れが滞ってしまう状態のことをいいます。このため肺に血液が溜まり、酸素交換が低下することから呼吸困難となり適切な治療をしないと死に至ります。
心臓に基礎疾患のない人の心臓機能が急に低下して心不全がおこった場合や、既に心臓の基礎疾患があり慢性心不全になっている人でも急に症状が悪化した場合を、急性心不全といいます。

急性心不全の症状

「急性心不全」が発症すると次のような症状が急激に現れます。
・激しい呼吸困難が起こると同時に咳と痰が出る
・痰は泡状のものでピンク色となる場合もある
・全身に血液を送り出す力が低下するために唇が紫になるチアノーゼが起こる
・全身に冷や汗をかき手足が冷たくなる
・脈が速くなる
このような症状が出た場合には速やかに医師の診断と治療を受ける必要があります。呼吸状態の悪い時は救急車を依頼し、一刻も早く専門医のいる救急病院へ搬送・入院する必要があります。
呼吸困難が生じた時は上半身を起こした半坐位にすると少し呼吸が楽になりますが、仰向けにすると呼吸困難の状況が悪化しますので注意です。

急性心不全の原因

「急性心不全」は以下のようなさまざまな心臓疾患が原因となって起こります。
・急性心筋梗塞などの虚血性心疾患
・心臓弁膜症
・拡張型心筋症
・高血圧性心疾患
・甲状腺機能亢進症(こうしんしょう)
・先天性の心疾患
もっとも多い急性心筋梗塞は突発的に発症しますが、その他は慢性的な心不全が悪化して起こるとされています。
風邪や感染症、精神的・肉体的なストレス、不整脈、暴飲暴食などが誘因となって心不全が急速に悪化します。
また慢性的な心不全のある人では貧血や妊娠も誘因となりえます。
急激に胸の痛みや胸部の圧迫感を抱き、ぜーぜーと咳き込む喘息と似た症状を引き起こします。

急性心不全の治療法

急性心不全は毎日の規則正しい生活が最大の予防となります。
・睡眠をしっかりととる
・暴飲暴食をしない
・禁煙
・塩分を控えめにする
・太り過ぎに注意する
などを心がけましょう。
また予防に効果があるとされる栄養素を摂取することも有効です。
・酸化を抑える栄養素-カロチノイド、フラボノイドなど
・消化を助ける栄養素-食物繊維
・動脈硬化を促進させるホモシステインの増加を抑える栄養素-葉酸、ビタミンB2・B6・B12など
この他、自分の体調や食性にあった適度な運動をすることも大切です。
動脈硬化を起こす病気、糖尿病、高脂血症、高血圧がある場合はきちんと治療を受けて下さい。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「心臓病リスク」チェック

狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全...なりやすい人の特徴は?

狭心症や心筋梗塞、不整脈、心不全など、心臓に関する病名は聞いたことがあるものの、実際にどういった症状なのかを調べたり、自分と心臓病との接点を考える機会はあまりないのではないでしょうか?

もしかすると、あなたはすでに心臓病を発症しやすい状態になっているかもしれません…! まずは簡単なチェックで、心臓病を発症する危険性がないか、チェックしてみましょう。

健康チェック画像

「心臓病リスク」チェック

狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全...なりやすい人の特徴は?
健康チェックする