高血圧緊急症/悪性高血圧こうけつあつきんきゅうしょう/あくせいこうけつあつ

カテゴリ
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

高血圧緊急症/悪性高血圧とは

高血圧緊急症は、異常に血圧が高くなるため、脳・心臓・腎臓・大血管などの臓器に急性の障害が起こり進行する病気です。多くは血圧が180/120mmHg以上にまで上昇します。
以前から、高血圧や他の病気の改善が出来ず発症することがよくみられます。重篤になると死亡するケースもあり、投薬や注射で緊急に血圧を下げる必要があります。また臓器障害が重症の場合は、手術が必要になることもあります。
予防は高血圧が疑われたら、医師の指導で生活習慣や環境を改善することです。

高血圧緊急症/悪性高血圧の症状

高血圧緊急症は非常に高い血圧になり、これを降圧しないと死亡することもある病気です。高くなった血圧の影響で頭痛から脳血流の増大で脳浮腫へと至ります。この症状は高血圧脳症と呼ばれ脳血流障害から発生します。
  
高血圧緊急症では心肥大となり左心不全になります。さらに重症になると急性心筋梗塞で死亡します。悪性高血圧では臓器障害が起こり肝機能障害となります。さらに妊婦ではけいれんから高血圧となり妊婦や胎児に影響があります。
  
高血圧緊急症はどの症状も重篤で生死に影響するケースがほとんどで、発症した時にはこのような病気が進行中の比率が高いです。

高血圧緊急症/悪性高血圧の原因

高血圧緊急症は、遺伝因子や生活習慣の環境因子ですでに高血圧である患者が血圧コントロールが出来ずに発症するケースがあります。本能性高血圧の患者が体調異変に気付かず生活習慣を改善せずに過ごして悪化したり、高血圧治療が頓挫したりすることが原因にもなっています。
  
また、慢性腎不全から高血圧と合併して心血管疾患となり高血圧緊急症となるケースや、糸球体腎炎では尿として排出するリズムが高血圧が原因で崩れるとバランスが悪くなり高血圧緊急症に至ります。腎血管性高血圧症は腎動脈が狭心されるので高血圧に至ります。これらの高血圧緊急症の前段階の病気を治療していないケースで発症・合併するのが原因となります。

これ以外には、ホルモンの異常によって高血圧となる場合があります。

高血圧緊急症/悪性高血圧の治療法

高血圧緊急症の治療は、血圧を下げる為の投薬や静脈注射をします。使用されるのは、ACE阻害薬やカルシウム拮抗薬やニトログリセリンを症状に合わせて投与・注入します。高血圧緊急症は合併症状によっては全く違う種類の投薬をします。
  
腎動脈が狭い為に高血圧に陥っているケースは狭窄します。この際には血管手術の経皮経管腎動脈形成術が実施される場合があります。
  
高血圧緊急症の予防は、前段階の他の病気を発症しない為に、過度なストレス環境を改善することが必要です。職場や家庭の精神的なストレスなのか、食生活が乱れ摂取品目が少ないのかを高血圧が疑われた段階で医師と問診しながら改善計画を練り、指示に従います。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください