大動脈炎症候群だいどうみゃくえんしょうこうぐん

カテゴリ
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

大動脈炎症候群とは

大動脈炎症候群は、大動脈などの大血管に炎症がおこり、血管が狭窄や閉塞し全身の血流が悪くなる病気です。脳や心臓、腎臓などの臓器障害が起こったり、手足が疲れやすくなったりします。
全国で5000人の患者がいて、毎年およそ2000人が新たに発症している疾患です。現在、難治性疾患克服研究事業に指定されており、15歳から35歳くらいまでの若い女性に特に多く発症しています。
一度発症すると約七割の方に再発が認められますが、ほとんどの方は日常生活に差し支えない程度に回復する病気です。日本人により初めて報告されたため、別名を高安動脈炎といいます。

大動脈炎症候群の症状

大動脈やそこから枝分かれする太い動脈に炎症が起きる病気です。その炎症によって血管が狭くなったり、場合によっては詰まってしまったりします。
  
難治性疾患克服研究事業に指定されていることからも推測できるかもしれませんが、現状ではこの病気の原因は特定されていません。なんらかの感染がきっかけで発症し、血管の炎症が続くものではないかと考えられています。

大動脈炎症候群の原因

どの場所の大動脈に発症したかによって症状が異なってくるため、一概にどのような症状が一般的とはいえませんが、初期症状としては発熱や食欲不振、全身の倦怠感など、かぜの症状とあまり変わらないことが多いようです。
  
症状が進んで血管の狭窄や閉塞が始まってくると、たとえば脳に栄養を送る動脈に発症した場合、めまいや立ちくらみ、ひどくなると脳梗塞などが起こってくる可能性があります。また、腕に栄養を送る血管に発症すると、腕が疲れやすくなったり脈が取れないといった症状で出たりします。
  
約三分の一の患者さんは心臓の大動脈弁付近に発症しますが、それによって弁膜症を発症してしまう可能性があります。その場合、程度が重いと心臓の働きに後遺症が残る可能性があります。

大動脈炎症候群の治療法

炎症が起こっている状態ですので、ステロイドや免疫を抑える薬などを用いて炎症を抑える治療が基本になります。また、血管が狭くなっている状態であるため、血栓ができるのを予防する薬を使います。炎症が治まってからは、症状に応じた投薬治療を行うことになりますが、日常生活に大きな差し支えが出るような場合は、血管のバイパス手術を行うこともあります。
  
前述したように、大半の場合は日常生活に問題ないレベルまで回復しますが、約七割の方に再発が認められる病気ですので、治療後も定期的に診てもらうとよいです。また、まれに妊娠や出産を機に再発することもありますので、特に脳や心臓などに大きな障害を持っている場合は主治医の先生とよく相談することが勧められます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください