急性心膜炎きゅうせいしんまくえん

カテゴリ
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

急性心膜炎とは

急性心膜炎とは、心臓を覆う心膜に急性的な炎症がおこった症状の事をいいます。
その炎症により滲出液が見られる場合を滲出性、見られない場合を非滲出性とに分類しています。症状として胸痛や胸部圧迫感があります。
滲出液が溜まって、心タンポナーデを起こすと命の危険をもたらすこともあり、心機能に重篤な症状を引き起こすことが特長の病気です。

急性心膜炎の症状

急性心膜炎の特長的な症状として胸痛が挙げられます。心臓に近い部位に、鋭利な激痛、または鈍痛を感じる症状が現れます。呼吸するたびに痛み、肩や頚部にまで痛みが広がる場合もあります。

また、呼吸困難も症状の一つです。浅い呼吸や息苦しい感覚に襲われる特長が見られます。全身症状としては、発熱や倦怠感、息苦しさからの不安症状がある場合もあります。胸痛の症状として、仰向けに寝ると痛みが強まり、座ると軽減する特長があります。

同じような胸痛を感じる狭心症や、解離性大動脈瘤と区別できると考えられています。症状が進むと心タンポナーデを起こし、命の危険が危惧される深刻な状態にでるので、注意が必要です。

急性心膜炎の原因

急性心膜炎は、心膜がウイルスに感染して引き起こされます。感染する原因は、はっきりとは解明されてはいません。炎症を起こすウイルスの多くが、さまざまな風邪ウイルスであることがわかっています。

風邪の初期症状から、急速に症状がすすみ、急性心膜炎になるケースが見られます。他にも、結核や癌などの重大な疾患によっても起こる可能性があります。心膜は、再生できない細胞からできているため、炎症を起こすと急速に病状が進行してしまいます。

突然死の原因としても、急性心膜炎が挙げられています。治癒しても、慢性心不全の危険性が高まることも考えられます。

急性心膜炎の治療法

急性心膜炎は、原因となる病気よって違いがあるので、予防することは難しいといえます。急性心膜炎を起こさないためには、風邪の症状でも早期の治療を行う事が重要です。

結核や心臓病、癌などが原因となって、急性心膜炎が起こる場合もあるので、症状に注意が必要です。急性心膜炎を発症し重篤となると、心タンポナーゼを起こす危険性が高まります。

心タンポナーゼは、最も注意しなければならない危険な合併症です。急性心膜炎と診断された場合は、合併症の予防が最も重要となります。

起因菌に対して、抗生物質の投与、症状が強い場合は、ステロイドを使用した薬物治療が行われます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください