特定心筋疾患/続発性心筋症とくていしんきんしっかん/ぞくはつせいしんきんしょう

カテゴリ
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

特定心筋疾患/続発性心筋症とは

特定心筋疾患/続発性心筋症とは、特定の病気によって生じた心筋の不具合です。
この病気は、心筋細胞の問題自体によって引き起こされる心筋症の病気と一般的に区別されます。特定心筋疾患/続発性心筋症に分類される病気は、高血圧や虚血性心疾患、筋ジストロフィーなど、非常に多くの種類があるというのが大きな特徴です。

特定心筋疾患/続発性心筋症の症状

特定心筋疾患/続発性心筋症による症状は、どのような心臓などの病気によって引き起こされるかによって、多種多様な種類があります。心臓の機能が上手く働くなる事から、高血圧の病状により頭痛や倦怠感、さらに重度の場合には意識障害がもたらされる可能性があります。また、心不全が生じたり、重症の不整脈が現れることもあります。
加えて、アルコールを長期間にわたって多量に摂取し続けてきた場合には、心臓の電導障害やあるいは重症の心室性不整脈といった心臓の問題が起こる可能性が見受けられます。心室性不整脈に分類される心臓の異常は非常に多いため、それらの疾患によってもたらされる症状は、非常に種類のものが多く存在しています。

特定心筋疾患/続発性心筋症の原因

特定心筋疾患/続発性心筋症が起きる原因は、どの疾患が心臓に問題をもたらしているかによって異なります。虚血性心筋症が問題となっている場合や、高血圧性心筋症が心筋の疾患を引き起こしていることもあります。また、内分泌系の異常や、ある種の物質が体内に蓄積されてしまう病気が要因となって、高血圧性心筋症を生じることもあります。
さらには、膠原病や白血病といった全身性の疾患が元となり、心筋に問題を引き起こす可能性があります。その他には、筋ジストロフィーが問題となって、心臓の筋肉に損傷がもたらされているということもあり得ることです。一方で、アルコール摂取やあるいは他の疾患を治療するための薬物が、問題となっていることも認められています。

特定心筋疾患/続発性心筋症の治療法

特定心筋疾患/続発性心筋症に対する予防の方法は、問題となる心臓疾患に対して、かからないための事前の予防策が必要不可欠です。そのため、体の健康状態を常に保つことが、この心筋の病気を避けることにつながります。
しかし、特定心筋疾患/続発性心筋症を引き起こす原因の疾患は種類が多いです。そのため、なんらかの疾患によってこの病気に至る可能性はあります。もし、特定心筋疾患を患っていることが疑われるような場合には、心電図や超音波検査などを用いて、心筋が現在負っているダメージなどの詳しい状態について、チェックすることが必要です。
治療は、それぞれの心疾患に対する治療が行われます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください