脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症のうじょうみゃくへいそくしょう/じょうみゃくどうへいそくしょう

カテゴリ
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症とは

脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症は、脳の動脈が閉塞して発症する脳梗塞とは違い、脳から心臓へ戻る静脈や静脈道が詰まる比較的まれな病気です。
脳から血液が流れでる静脈は、上矢状静脈洞や横静脈洞、海綿静脈洞や直静脈洞などの太い静脈洞から脳の外に流出します。脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症はこれらの脳静脈が血栓や炎症などでふさがる症状です。

脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症の症状

脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症の症状としては、脳が急速にむくみ脳出血を引き起こします。さらに頭痛や嘔吐、けいれんや運動障害が起こります。運動障害は上下肢の体に近い部分の筋力低下が特徴的です。他にも意識障害などの頭蓋内圧亢進による症状や血流障害による脳の局所神経症状が起こります。
脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症では昏睡障害や局所的な運動障害が起きた場合の予後は不良とされています。その中でも死亡率は30%とされています。
検査と診断では眼底検査で乳頭浮腫がみられるかどうか確認します。その後頭部CTやMRIで静脈洞の閉塞が診断され、さらに脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症だと確定するには脳血管撮影の診断を行います。

脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症の原因

脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症の原因は、感染症や糖尿病、脱水です。他にも外傷や開頭手術後、悪性新生物なども原因とされていますが、どうして脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症の症状が出てしまったかわからない場合もあります。

さらに抗生剤の普及によって少なくなってきていますが、副鼻腔や扁桃、歯根部や中耳などから乳突蜂巣炎を起こし、その炎症によって起こることもあります。また妊娠後期から産褥期、経口避妊薬服用時などの妊娠に関係する場合も原因になる場合があります。

血液の異常であるプロテインC欠乏症やプロテインS欠乏症、抗カルジオリピン抗体陽性の人でも脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症にかかる場合があります。そしてこの病気に気がついたらただちに神経内科の診察を受ける必要があります。

脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症の治療法

脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症の治療方法としては、へパリンの投与が有効とされていて脳浮腫に対してはグリセロールという抗脳浮腫薬を投与します。けいれんの予防には抗けいれん薬を使用します。治療は非常に複雑で血栓を溶かす治療を行うと出血が発症したり血腫が増大してしまう危険性があります。

脳静脈洞閉塞症/静脈洞閉塞症の原因の一つである経口避妊薬を服用している場合は、この病気の自覚症状が出にくいので注意が必要です。しかし血栓が詰まると頭痛の症状が表れるので経口避妊薬を服用している人は頭痛に注意することが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください