ウェーバー・クリスチャン病うぇーばー・くりすちゃんびょう

カテゴリ
膠原病や原因不明の全身疾患
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ウェーバー・クリスチャン病とは

ウェーバー・クリスチャン病とは、全身の脂肪組織に炎症の症状が生じる病気です。この病気はごく稀な病気であり、報告例は極めて少ないことが特徴です。女性に多く発症する可能性がある病気です。発病する原因は分かっておらず、遺伝子が要因であるかどうかも判明していません。

ウェーバー・クリスチャン病の症状

ウェーバー・クリスチャン病がもたらす症状としては、発熱や痛みを伴う皮下結節が生じるということが特徴としてあります。人によって症状に違いがあり、関節痛を感じる人もいます。ウェーバー・クリスチャン病の発生はごく少なく、発症してから受診するまでの期間も人それぞれです。
ウェーバー・クリスチャン病の症状は、他の病気とも共通している場合が多いため、他の病気と見分けるための検査が必要です。皮下結節が生じる病気としては、結核やベーチュット病、さらに膠原病などもあります。これらの病気と区別するために、病状から類推することは難しいことから、血液検査などによってこの病気による病状であるかどうかの見極めを行います。

ウェーバー・クリスチャン病の原因

ウェーバー・クリスチャン病が起きる原因は、脂肪織の炎症が要因となって生じるものです。脂肪織は、皮下脂肪と内臓脂肪に当たる部分です。この部分に炎症がおき、白血球による浸潤が起きると、皮膚の下にしこりや傷みが生じます。ウェーバー・クリスチャン病が起きる要因については、まだ判明していません。感染症ではなく、また、遺伝子が原因であるかどうかもまだ突き止められていません。
ごく稀に起こる病気であるため、診断が難しいのも特徴です。ウェーバー・クリスチャン病が皮下結節の原因であるかどうかは、他の病気の可能性も含めて判断する必要があります。医師による診断によって、皮下結節の要因がこの病気によるものであるかどうかを明確にします。

ウェーバー・クリスチャン病の治療法

ウェーバー・クリスチャン病の予防方法は、明らかにされていないのが現状です。もし皮下結節の症状が現れたならば、はやめに医師に相談することが適切な対処方法です。他の病気の可能性が薄く、ウェーバー・クリスチャン病であることが疑われる場合には、この病気として診断がされます。
症状を改善させるための方法としては、ステロイドホルモン薬が使われます。それでも症状の改善に対してあまり効果がない場合には、シクロスポリンやアザチオプリンといったような、免疫を抑制するための薬を用いて、病状が改善させるために対処します。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください