なんだかのどの調子が悪い…その症状、実はストレスのせい?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me スポンサードコラム

風邪でもないし、のどを使いすぎたわけでもないのに、「のどがつかえる感じがする」「何かつっかかっている感じがする」そんなふうに、のどに違和感を感じることはありませんか? そんな、のどのつかえ感、モヤモヤっとする違和感、実はその原因、ストレスなのかもしれません!


Doctors Me 医師



風邪でもないのに、何かのどに違和感、つかえる感じがある、といった症状の原因の1つとして「ストレスによる自律神経のバランスの崩れや乱れ」が挙げられます。自律神経のバランスが乱れると、のどの違和感、つかえ感の他にも

・耳鳴りがする
・息苦しくなる
・食欲がない
・なかなか寝付けない
・不安になることが多い


などの症状が出ることがあります。

そもそも、私たちが緊張したり、言葉に詰まったりするとき「咳ばらい」をしますよね。これは極度の緊張によるストレスの影響がのどにあらわれている、とも考えられます。このように、のどはストレスの影響があらわれやすい場所で、ストレスにより自律神経のバランスが崩れると、のどのつかえ感や違和感を引き起こすことがあるのです。

また、ストレスによるのどの違和感は、東洋医学的には「気うつ」という状態であると考えられています。「気」とは、生命エネルギーや心などを意味します。「気うつ」は、生活していくためのエネルギーや元気が滞り、うまく循環しなくなってしまった状態です。東洋医学では、のどのつかえ感もこのうちの症状の1つだと考えられています。

のどのつかえ感や違和感は、ストレスが蓄積されているサインなのかもしれません。「自分はストレスと関係ない」と思っている人ほど、ストレスを抱えたまま頑張り続けてしまいがちです。

そんな方に、Doctors Me編集部がオススメしたいのは、武田薬品工業株式会社の「ストレージタイプH」です。のどのつかえ感や違和感をいつの間にかスーッとやわらげてくれます。

「ストレージタイプH」の詳細を見てみる!

忙しいあなたに「ストレージタイプH」がオススメ!


「ストレージタイプH」に使われているのは、漢方薬の「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」。「半夏厚朴湯」は「気うつ」に処方される漢方薬の代表選手ともいえる存在です。「気」の巡りをよくすることで、のどのつかえ感がいつの間にかやわらぎます。

漢方薬と聞くと

・1日にたくさん飲まなくちゃいけない
・苦そう
・食間など飲むタイミングがわかりにくい

と敬遠する方もいるかもしれません。

「ストレージタイプH」は苦くない顆粒タイプのお薬で、1日2回食前の服用でOK。毎日を忙しく過ごしている方も、ぜひお試しください。
のどのつかえ感が気になる方に
おすすめの「ストレージタイプH」はこちら>>

また、ストレージタイプHについての動画も配信中です! チェックしてみましょう!

気分の落ち込み、不安にも「ストレージタイプH」はオススメ!

「ストレージタイプH」はなんとなく不安になったり、気分がふさぐときにも活躍します。

自律神経の乱れであるストレスの症状には、漢方薬がおすすめです。漢方薬は複数の生薬が配合された薬剤。生薬の中には臓器の調子を整えるものだけでなく、不安感や緊張感などの問題を改善するものも含まれます。漢方薬は心身両面から様々な不調を改善する薬剤といえます。


出典:武田薬報web


気分の落ち込み、不安感、合わせてのどの違和感も感じたら、ぜひ一度「ストレージタイプH」を試してみてはいかがでしょうか?
「ストレージタイプH」の
より詳しい情報はこちら


※医師のコメントは商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連キーワード

キーワード一覧へ