コラム画像

【花粉症の人必見!】この時期ツライ鼻水・鼻づまり!そのメカニズムと対処法を医師が解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寒い冬が過ぎれば、まもなく春。花粉症の人にとっては、憂うつなシーズンですよね。呼吸するのもツライほどの鼻水鼻づまり、そして止まらないくしゃみ…。つい外出するのもおっくうになってしまうという人も多いはず。かといって薬をのむと眠気に襲われて、仕事や日常生活に支障が出そうでなかなか気軽に手が出せない…なんて、よく聞く話ですよね。

そんな悩みをもつあなたは要チェック! 今回は花粉による鼻水・鼻づまりのメカニズムや対処法について、医師に話を伺いました。

Doctors Me医師


花粉による鼻水・鼻づまりって、どうして起こるの?

花粉が鼻腔に入り込むと、鼻に存在する肥満細胞に花粉がくっつき、“ヒスタミン”や“ロイコトリエン”といったアレルギーの症状の原因となる物質が放出されます。この物質が鼻にある分泌腺を刺激することによって、鼻水が出ます。

また、「鼻甲介(びこうかい)」と呼ばれる鼻の穴を内部で仕切っている部分が炎症を起こすことによって腫れ、鼻づまりが起きます。

今からでもできる対策方法を教えて!

症状が悪化することを避けるためには、以下に気をつけることが大切です。

《外出時》
・マスク、メガネを使用し花粉の侵入を防ぐ
・花粉が付着しやすい、表面がけばけばした衣服は避ける
・頭への花粉付着を避けるため、帽子をかぶる

《帰宅時》
・衣服や髪をよく払ってから室内に入る
・付着した花粉の体内侵入を防ぐため、鼻をかんだり洗顔をしたりする

《普段から注意すること》
・花粉情報をこまめにチェックする
・花粉飛散が多いときは、窓や戸をできるだけ開けないようにする
・室内に侵入した花粉を取り除くため、部屋の掃除をこまめに行う

花粉症の薬を使用すると、眠くなることを心配する人も多いと思いますが、最近では病院で処方される薬の他、市販薬にも、眠気が比較的出にくいものが開発・発売されています。眠気が気になる場合は、耳鼻咽喉科やアレルギー内科などの医師や、薬局、ドラッグストアなどの薬剤師に相談してみるのがよいでしょう。

できるだけ体内、特に鼻腔内への花粉の侵入を防ぐことが大きなポイントになりますので、そこを重点的にケアしていきましょう。
花粉による症状を感じたら、早めの対策を心がけたいですね。


そこで今回Doctors Me編集部がオススメするのは、佐藤製薬季節性アレルギー専用点鼻薬「ナザールαAR0.1%」です。花粉による鼻水や鼻づまり、くしゃみなどでお悩みの方にうれしい、オススメのポイントをご紹介しましょう。花粉によるツライ鼻水・鼻づまりに!
「ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用>」
とは?

ステロイド点鼻薬であるナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用>は、アレルギー症状を各段階でブロック!


アレルギー症状を引き起こす物質がつくられるのをおさえたり、鼻粘膜の炎症を鎮めるなど、優れた特性をもつ有効成分「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」を医療用と同量配合。花粉による鼻水、鼻づまりの症状を改善に導いてくれます。
その症状、アレルギー性鼻炎かも?
症状のセルフチェックはコチラ!

1日2回(朝夕)の使用で、鼻、ずっと快適!


朝1プッシュ、夕方1プッシュでOK! 忙しい人でも無理なくトライできますね。
「ナザールαAR0.1%」の
詳しい使い方をチェックする!

眠くなる成分が入っていない!

アレルギーの薬を使うときに心配なのが、眠気とだるさの副作用ですよね。眠気に襲われて仕事や家事が手につかなくなるなんて、本末転倒!「ナザールαAR0.1%」なら、眠くなる成分(抗ヒスタミン成分)が入っていないから、場所や時間帯を選ばず使うことができます。
いつ、どんなときに使うとよいの?
「Q&A」で疑問を解消しよう!


佐藤製薬には、症状に合わせた様々な鼻炎薬が発売されておりますので、自分のライフスタイルに合った使い方で、花粉の季節を快適に乗り切りましょう。
花粉によるツライ鼻水・鼻づまりに!
「ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用>」
を詳しく見る


※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加