コラム画像

【医師が監修】花粉症と風邪の見分け方が知りたい! 初期症状のチェックポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、鼻がムズムズする、くしゃみが止まらない、咳が出る…。「もしかして花粉症かも?」と薄々気付いていながらも、症状が悪化するまで認めたくないという人も多いのではないでしょうか。花粉症は、症状が風邪とよく似ているため「風邪の引き始めかな?」と勘違いして治療が遅れてしまうケースも…。適切に判断して、早め早めに対処していきたいですよね。

そこで今回は、花粉症と風邪にみられる症状の違いと予防法について、医師に解説してもらいました。

Doctors Me医師


「花粉症」と「風邪」の違いとは?

まずは、花粉症と風邪の症状についてみてみましょう。

●花粉症にみられるが、風邪にはみられない症状
・鼻のかゆみ
・目のかゆみ
(アデノウイルスによる風邪の場合は、目の充血・目やに・異物感と合わせてかゆみが出ることはあります)

●風邪にみられるが、花粉症にはみられない症状
・38度を超える発熱
・肺炎症状(強い息苦しさや呼吸音異常など)
・下痢

●花粉症と風邪の両方にみられうる症状
・くしゃみ
・鼻水、鼻づまり
・のどの痛み
・咳、痰(たん)
・関節痛
・微熱

花粉症による症状の特徴を教えて!

花粉症の症状にはいくつか特徴があります。以下の特徴を目安にするとよいでしょう。

【くしゃみの特徴】
花粉症によるくしゃみは、外気に触れた場合に起こりやすく、室内では起こりにくくなります。

【鼻水の特徴】
花粉症による鼻水は、通常、透明でさらさらしています。(風邪の場合は、だんだん黄色っぽく粘っこい鼻水になってきます。)

ただ、花粉症のために鼻粘膜がむくみ、副鼻腔の液体が外に出ることができにくくなって慢性副鼻腔炎に至った場合や、荒れた粘膜に感染を起こし、風邪を併発したような場合は、黄色く粘っこい鼻水が出ることもあるので注意が必要です。

花粉症は、どう予防したらいいの?

何よりもまず、抗原となる花粉が体内に入ることを防ぐ必要があります。日ごろから以下の行動には意識をしてみましょう。
・外出時にマスクやメガネをつける
・つるつるした素材の衣服を選ぶ(花粉が表面につきにくいため)
・風のある晴れた日には、花粉飛散の多い11~15時ぐらいの外出を控える
・室内に入る前に、髪や衣服についた花粉を叩き落とす
・手洗いやうがいをする
・布団は外に干さないようにする
・なるべく窓を開けないようにする
・こまめに部屋の掃除をする(部屋に入ってきた花粉を排除するため)
・空気清浄器を活用する(室内の空気を常に清潔に保つため)

いったん花粉症の症状が出ても、抗原を避ける努力を徹底することで、症状を抑えることができますので、お住まいの地域の花粉飛散状況を常に確認しておくようにしましょう。

また、上記のような抗原回避を行うことに加え、薬の使用を早めから始めることも有効ですので、専門の医師や薬剤師などに相談して、症状に応じて対策を施すとよいでしょう。
日頃から花粉を避ける努力をすることや早めに治療を始めることが大切なんですね。
“花粉症ではない”と決めつけず、少しでも鼻がムズムズすると感じたら、早めの対策をしてみてはいかがでしょうか。

今回Doctors Me編集部がオススメするのは、花粉による鼻水や鼻づまり、くしゃみなどでお悩みの方にうれしい、季節性アレルギー専用点鼻薬「ナザールαAR0.1%」です。有効成分が鼻粘膜に直接作用することで、アレルギーの症状だけでなく原因をおさえ、花粉による鼻水・鼻づまり、くしゃみを元から改善に導いてくれます。花粉によるツライ鼻水・鼻づまり、くしゃみに!
「ナザールαAR0.1%
<季節性アレルギー専用>」とは?

これが決め手!医療用と同量配合の有効成分「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」とは?



  1. 鼻粘膜に直接作用して、アレルギー症状を元からブロック!
    有効成分「ベクロメタゾンプロピオン酸エステル」は、アレルギー症状を引き起こす物質がつくられるのをおさえたり、血管を収縮させたり、鼻粘膜の炎症を鎮めることによって、花粉による鼻水・鼻づまり、くしゃみを改善に導いてくれるので、ぐずつく鼻の症状もすっきり!「ナザールαAR0.1%」は、その有効成分を医療用と同量(1噴霧中)配合しています。

  2. 有効成分はアンテドラッグステロイド!
    「アンテドラッグステロイド」とは、患部でよく効いたあと、体内に入ると作用の弱い物質に速やかに分解される性質をもつステロイドのこと。アレルギー症状をしっかりおさえながらも、全身性の副作用が起こりにくいといわれています。

だからいい!
「ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用>」
5つの特徴

眠くなる成分が入っていません!

通常、鼻水やくしゃみをおさえる抗ヒスタミン薬は、副作用として眠気をともなうことがあります。そのため、日常生活に支障をきたすことも…。「ナザールαAR0.1%」には、そんな眠くなる成分(抗ヒスタミン成分)が入っていないから、仕事や家事、遊びにも全力投球できますね!
主にどんな症状に?
「Q&A」で疑問を解消しよう!

最長3カ月使えて、花粉シーズンをしっかりカバー!

「ナザールαAR0.1%」は花粉の飛散ピークに合わせて、1年間に3カ月まで使用することができます。だから、長く続く花粉シーズンをしっかりカバーしてくれるんです。しかも、朝夕1日2回の使用でいいから、会社や外出先に持ち出す必要もありません。
「ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用>」
の正しい使い方をチェックする!


「ナザールαAR0.1%」が、すでに出ている症状をおさえるだけのものだと思ったら、大間違い!花粉による鼻水・鼻づまり、くしゃみを元からおさえるから、花粉症の兆しがみられたときからすぐに使いたいですね!毎シーズン花粉で悩んでいる人にとって、手放せない存在になりそうです。
花粉によるツライ鼻水・鼻づまり、くしゃみに!
「ナザールαAR0.1%<季節性アレルギー専用>」
を詳しく見る


※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加