【要注意】紫外線量が急増! 紫外線に関するみんなの質問に医師が回答します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me スポンサードコラム

少しずつ春の兆しを感じるようになってきた今日この頃。「まだ夏前だし…」と油断して、日焼け対策を怠っている人も多いのではないでしょうか? 気を抜いていると、シミやそばかすなど、肌トラブルを引き起こしてしまうかも…!?

そこで今回は、紫外線が肌に与える影響やその対策について、医師に解説してもらいました。



紫外線を浴びすぎると、肌はどうなるの?


Doctors Me医師



A. 強い紫外線を浴びると皮膚が炎症を起こし、やけどに似た状態になります。

ヒリヒリと痛く、皮がむけ落ちたり、水膨れができることもあります。
さらに、皮膚の奥に紫外線が届くと、皮膚にハリをもたせるコラーゲン繊維が切れてしまい、たるみしわの原因となります。また、紫外線から皮膚を守るためにメラニンが作られると、皮膚の色が茶色くなったり、シミができる原因にも。
紫外線によってDNAが傷つくことを繰り返すと、ひどい場合だと“皮膚がん”につながることもあります。特に外出するときは、紫外線を必要以上に浴びないように、気をつけましょう。




曇りの日も日焼けをするって、本当?

Doctors Me医師



A. 本当です。

快晴の日に比べると、曇りの日の紫外線量は60%程度に減りますが、紫外線量が0(ゼロ)になるわけではありません。雲の間から太陽が出ていると、雲で光が散乱して、快晴の日よりも紫外線量が多くなる場合もあるので、曇りの日だからといって、油断しないようにしましょう。




一度「日焼け」をしてしまった肌は、ずっと黒いままなの?

Doctors Me医師



A. いいえ、そういうわけではありません。

皮膚の深いところには、皮膚のもとになる細胞があります。それが徐々に形を変えながら皮膚の表面近くに移動していき、最後はアカになって剥れ落ちていきます。この肌の代謝活動をターンオーバーといいます。
ターンオーバーは常に起こっているので、紫外線によって生じたダメージも一部はリセットされますが、すべてが回復するわけではなく、回復しきれないダメージは、徐々に肌に蓄積していきます。




受けてしまった紫外線ダメージは、どう対処したらいいの?

Doctors Me医師



A. まずは、濡れタオルやシャワーで皮膚を冷やしましょう。

また、紫外線で傷ついた皮膚からは水分が失われやすいので、しっかり保湿をします。皮膚のターンオーバーを助け、コラーゲンの産生を助けるため、ビタミンCやタンパク質を含む食事をとり、水分と休眠をとって体を休めましょう。

皮膚が赤く炎症を起こし、ヒリヒリした痛みがあるような場合は、やけどに準じて病院での治療が必要です。広範囲に水膨れができている場合は、水で冷やしながら急いで病院を受診してください。




紫外線ケアって、いつ頃から始めればいいの?

Doctors Me医師



A. 5月頃から始めるとよいでしょう。

皮膚にもっとも有害なUV-Bという紫外線は、7~8月がピークです。しかし、5月に多く観測されるUV-Aという紫外線も皮膚にダメージを与えます。紫外線ケアは、年間を通して行った方がよいですが、今まだ何もしていない場合は、この時期からスタートさせるとよいでしょう。


Doctors Me医師



日焼けは予防が肝心なので、帽子や衣服、日焼け止めで対策をしましょう。
それでも日焼けしてしまったときは、低刺激の化粧水やクリームで、日焼け後のケアを使うとよいでしょう。また、日焼けあとの肌は乾燥しやすいため、保湿をしっかり行うことも心がけましょうね。赤みや痛み、水膨れなどがある場合は、迷わず病院に相談してください。
日ごろから紫外線対策を行うのはもちろん、うっかり日焼けしてしまったときは、そのあとの適切なケアが大切なんですね。


そこで今回Doctors Me編集部がオススメするのが、肌ラボ「白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水」です。紫外線ダメージ対策をしっかりして、今年こそ白くて美しい肌を目指したい人に、そのこだわりの成分をご紹介しましょう。


・商品名:
肌ラボ 白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水/しっとりタイプ
医薬部外品




・販売名:ハダラボ薬用ホワイトニング化粧水Lc/Rc
・容量:170ml
・本体価格:900円(税抜)、972円(税込)
 (編集部調べ)

・お問い合わせ先:ロート製薬
         お客さま安心サポートデスク
         06-6758-1272

紫外線ダメージを肌深くからケアし、
シミ・そばかすを防ぐ
「肌ラボ 白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水」とは?


【こだわりの成分1】シミ・そばかすに!「ホワイトトラネキサム酸(※1)」


美白有効成分「ホワイトトラネキサム酸(※1)」は、肌の奥深くまで浸透してメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ作用があります。また、抗炎症作用もあり、紫外線による肌のほてりや肌荒れも防いでくれます。紫外線のダメージを受けた肌に、内側から作用してくれるんです。
(※1)トラネキサム酸

【こだわりの成分2】うるおい成分「ナノ化ヒアルロン酸(※2)」


「ナノ化ヒアルロン酸(※2)」は、通常のヒアルロン酸に比べて約100分の1以下の小ささが特徴です。そのため、肌表面だけでなく、角質層の奥深くまでうるおいが浸透。ベタつかないのに、保湿力をしっかり保ちます。「白潤プレミアム」は、このナノ化ヒアルロン酸(※2)を肌ラボ内最大量配合した、ぜいたくな美白化粧水です。
(※2)加水分解ヒアルロン酸(うるおい成分)

こだわりの浸透処方で、肌深くまでしみわたる!


これらの有効成分が肌により深くしみわたるヒミツは、ロート製薬が誇る“こだわりの浸透処方”にあります。独自の「肌なじみ成分」などを配合することで、有効成分が肌深くに浸透。紫外線ダメージをシミやそばかすにしない、まさにプレミアムな1本です。

あなたのお肌は大丈夫?「シミ危険度チェック!」


シミやそばかすが肌に出てないから、私はまだギリギリ大丈夫!なんて思っていませんか?思い込む前に、サッと診断してみてはいかがでしょう。たった10の質問で、あなたのお肌の「シミ危険度」が診断でき、それぞれのライフスタイルに合った、正しいお肌のケアがわかります。
お肌のために気をつけたいことがわかる!
「シミ危険度診断」はこちら


「白潤プレミアム®」は肌にスーッとしみこんでベタつかないから、汗をかきやすい夏にも使いやすい! とろみのある使用感が好きな人には、しっとりタイプがおすすめですよ。紫外線を受けたあとは早めのケアでシミやそばかすをケアして、透明感のある肌を手に入れたいですね。
紫外線ダメージを肌深くからケアし、
シミ・そばかすを防ぐ
「肌ラボ 白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水」とは?


※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加