意外と知らない“歯と歯ぐきのケア方法”! 基本をしっかり教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me スポンサードコラム

歯だけでなく、歯ぐきのケアの必要性は、広く知られるようになりましたよね。でも、実際に正しい歯みがきや歯ぐきのケアを実践している人は、一体どれくらいいるのでしょうか。「歯みがきの仕方、毎日正しくできてるのかな…?」「歯のケアって、歯みがきだけじゃダメなの?」「歯ぐきケアって具体的に何をしたらいいの?」「忙しい人はどうケアすればいいの?」など、今さら人には聞けない疑問はたくさんありますよね!

そこで今回は、改めて見直したい“歯と歯ぐきのケア”について、歯科医師にQ&Aで解説してもらいました。



「正しい歯みがき」って、具体的にどうすればいいの?


歯科医師 森山聖子先生



A. 飲食後は、5分くらいかけてやさしく歯みがきするのが理想的です

口内のトラブルは、ほとんどが細菌によって引き起こされます。これらの細菌が活発に活動しない環境にするため、細菌の活動に必要な汚れや食べかすなどの栄養源をいち早くなくすことが重要です。

汚れや食べかすを洗い流せればよいので、ゴシゴシと強く磨くと逆にしっかりキレイにならない場合があります。歯と歯ぐきをマッサージするようにやさしく磨くように心がけましょう。歯みがき粉をつけなくてもサッパリするくらいきれいに磨けたと感じたら、正しい歯みがきができたと考えてよいでしょう。




「歯みがき粉」は、たっぷりとつけて磨いた方がいいのでしょうか?


歯科医師 森山聖子先生



A. 量は、歯ブラシのヘッド部分に少量つける程度で十分です

歯みがき粉を必要以上につけすぎると、ミントなどの清涼剤の効果でサッパリ感が強まり、実はまだしっかり磨けていないのに、磨けた気になってしまう場合があります。
まず、歯ブラシに水だけをつけて磨き、そのあと抗菌作用やむし歯予防効果のある成分が入った歯みがき粉で仕上げるとよいでしょう。




歯ぐきのケアって、いったい何をしたらいいの?


歯科医師 森山聖子先生



A. 歯ぐきをマッサージするように優しく歯ブラシを当てて磨くことが有効です

「歯ぐきのケア=歯ぐきの新陳代謝を上げること」なんです。歯ぐきには毛細血管が密集していて、新鮮なよい血液が流れることで「歯周病菌」など口内の菌に抵抗する白血球の働きが強まります。歯ぐきの新陳代謝を上げることで、歯と歯ぐきの間を循環する組織液の流れも活発になり、細胞のターンオーバーもしっかり行われるようになるため、汚れが停滞しにくく、炎症への抵抗力が強い歯ぐきを保つことができます。




汚れがたまりやすい部分は、どこですか?


歯科医師 森山聖子先生



A. 主に、歯と歯の間(歯間)、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット内)です

歯並びや歯の状態によって個人差はありますが、その他にも親知らずや、古いかぶせものや詰めものがある部分は、肉眼では見えない細かな汚れが停滞しやすいので要注意です。




歯を磨くと出血することがあり、歯周病を疑っています。これから歯ぐきケアを始めるのでは遅いですか?


歯科医師 森山聖子先生



A. 気付いたときにすぐ対処すれば、決して遅くはありません!

ただし、歯ぐきからの出血は、歯周病の危険信号。何らかの原因があると考えてよいでしょう。自分だけで対処しようとせずに、歯科医院でチェックを受けて治療してもらいましょう。

歯科医師 森山聖子先生




毎日チェックするお肌や髪のコンディションの変化に気付くのと同様に、まずは、自分の口内のベストな状態を知り、日々の変化に気付けるようになることが大切です。普段行っている自分のセルフケアを、ぜひ見直してみてくださいね。

Doctors Me編集部のオススメ

Doctors Me編集部がオススメするのは、ブラシでは磨き残しやすい部分の汚れを強力水流できれいに洗い流す「ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71」です。より健康的な歯と歯ぐきを手に入れたい方は必見! なんと約1週間で歯ぐきの健康を推進(※)してくれるというのです。その使いやすさと、驚きの洗浄力についてご紹介しましょう!
※第三者機関による評価。効果は個人差があります。

ブラシでは落としにくい部分の汚れまでスッキリ!
「ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71」とは?

独自技術の「超音波水流」で、すみずみまでしっかり洗い流す!


微細な気泡を含んだ「超音波水流」の特徴は、なんといってもその洗浄力にあります。歯の表面の汚れだけでなく、歯間の食べカスや歯周ポケット内の汚れまで、スッキリ洗浄してくれます。もちろん、歯ならびの悪いところや矯正器具のまわりなど、ブラシではみがき残しやすい場所までしっかり狙えます! また、心地よい断続的な水流の刺激で、歯ぐきをやさしくマッサージできるのもポイントです。
パナソニックの独自技術「超音波水流」
洗浄力アップの秘密とは?

オススメは「磨く+洗い流す」のWケア!


まずは密集極細毛の音波振動ハブラシ「EW-DE55」で歯周ポケットや歯間をすみずみまで磨いて、汚れをかき出します。「ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71」は、ここからが出番! かき出した細かな汚れを、パナソニック独自技術の超音波水流でしっかり洗い流してくれます。

この時、歯周ポケット内の汚れは、ただうがいをしただけのケアの約4倍も落ちるんです!「ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71」を併用して汚れを洗い流せば、より効果的にケアができるというわけです。
音波振動ハブラシ+ジェットウォッシャー、
Wケアの効果を知りたい!

より使いやすく、より機能的に! 進化した商品設計とは?


マグネット式のハンドルだから簡単に本体と着脱できて、本体とハンドルがばらばらになることもないため、見た目もスッキリ収納できます。また、水流の強さを10段階から選べるので、歯ぐきの状態に合わせて調整できるのもうれしいですね。この大容量タンク(約600ml)は食洗器にも対応していて、1回の吸水でじっくり洗浄できるなど、使いやすさが満載で、普段の生活にも取り入れやすいですね!
「ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71」
の正しい使い方
コツとポイントをチェックしよう!


歯や歯ぐきのケアは、誰にとっても大切なものです。日ごろのオーラルケアを怠ると、将来的に歯を失う危険性があるだけでなく、見た目にも影響してしまいますよね。年齢を重ねてもきれいな歯と歯ぐきをキープするためには、毎日のケアにはこだわりたいものです。「音波振動ハブラシ EW-DE55」と「ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71」のWのケアで、健康的な歯ぐき美人を目指しましょう!
ブラシでは届きにくい汚れを洗い流す
「ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71」
を詳しく見る


※歯科医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加