なぜか続いてしまう「軟便」の症状を医師が徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me スポンサードコラム

便秘の症状は分かりやすいけれど、「軟便」と聞くとパッと想像できない人も多いのではないでしょうか。たとえば1日の排便回数が多かったり、とくに暴飲暴食をしていないのに便が柔らかい、といった症状。これも「軟便」の症状のひとつなんです。そして軟便の原因…、実は大腸にあるんです。
夏は寝冷えや、冷たいものを食べたり、飲んだりしてお腹を壊しやすい季節! この時期だからこそ、自分の腸内環境としっかり向き合っておきたいですね。

そこで今回は、「軟便」の症状や原因、その対処法について医師に伺いました。

Doctors Me医師


軟便って、そもそもどんな状態のことをいうの?

「軟便」とは、ちょうどよい硬さの普通便と、下痢との間の状態を指し、主に水分量の違いによって区別されます。

・ちょうどよい普通便
水分量がある程度少なく(約70%程度)、しっかり形を保っているもの

・軟便
水分量がやや多く(約80%程度)、形を保っているものの柔らかく、崩れやすいもの

・下痢
水分量が多く(約90%程度)、まったく形を保てない、液状のもの



よくある軟便の症状を教えて!

「軟便」とは、主に以下の症状をいいます。




  • ・1日の排便回数が3~4回と多め

  • ・トイレに行きたいと思ったときにはすでに、ほとんど我慢ができない。または、トイレに駆け込むような状態である

  • ・ガスが多い。特に排便をしたくない時にもガスが多く出る

  • ・食事量にかかわらず、便の量が多い

  • ・周期的に腹痛が起こる


軟便って、どうして起こるの?


便に含まれる水分量は、大腸の中でどれだけ水分が吸収されるかによります。そしてそれは、便が大腸に滞在する時間によって変わります。
便が大腸に長く滞在すれば、それだけ水分が大腸に吸収され、硬い便になりますし、滞在時間が短ければ便の中に水分が多く残り、下痢や軟便になります。

そしてその滞在時間を決定しているのが、大腸の動き(蠕動運動)です。蠕動(ぜんどう)運動が活発すぎると、便がすぐに流れていってしまい、水分量の多い便になります。つまり軟便とは、大腸の動きが活発すぎるために起こる症状といえます。

軟便の対策って、何をすればいいの?


お通じの回数が多かったり、トイレを我慢できないという場合は、過度な大腸の動きを抑えることが必要です。ストレスが多かったり、刺激の強い食事をしていると、大腸の蠕動運動が活発になりやすいので、生活習慣や食生活を見直してみましょう。また、おなか(腸)を冷やさないことも大切です。

日常生活に支障をきたすような軟便の症状をお持ちの場合は、何か他の原因が隠れている可能性もありますので、心配な場合には早めに病院を受診するようにしてくださいね。

軟便の症状は、周りの人に分かりにくく、日常生活の中では周囲の人にも相談しにくい内容でもあるため、意外と人知れず悩んでしまっているという人も多いと思います。軟便の症状やその特徴を知って、早めに改善したいものですよね。

日ごろからそんな軟便の悩みをお持ちの方に、今回Doctors Me編集部がオススメするのは、腸内環境を整えて、便通を改善する整腸薬「ザ・ガードコーワ整腸錠α³+(アルファスリープラス)」です。胃や腸で効果的に作用する“3つの働き”について、ご紹介しましょう!



【効能・効果】
・整腸(便通を整える)
・軟便
・便秘
・胃部・腹部膨満感
・消化不良など

トリプル生菌配合で、腸内環境を整える
「ザ・ガードコーワ整腸錠α³+」とは?

弱った胃の働きを高め、生菌が生きたまま腸に届くよう助けます


「ザ・ガードコーワ整腸錠α³+」に配合されている生菌は、どうして生きたまま腸で働けるのでしょうか。その答えは、制酸剤によって胃酸を中和することで、胃酸に弱いビフィズス菌や乳酸菌が生きたまま大腸に届くように処方設計されているからです。さらに、ザ・ガードコーワ整腸錠α³+に配合された健胃生薬とMMSC(メチルメチオニンスルホニウムクロリド)が弱った胃の働きを高め、大腸への負担を軽減してくれます。
こんな症状をお持ちの方に!
「ザ・ガードコーワ整腸錠α³+」

性質の異なる“3つの生菌”が腸内環境を改善します


生きたまま胃を通過した生菌は、小腸から大腸にかけて、それぞれ異なる場所で働きます。

《3つの生菌》
・小腸~大腸上部で働く「納豆菌」
・小腸下部~大腸で働く「乳酸菌」
・大腸(下部)で働く「ビフィズス菌」新配合!(※)
・腸内ビフィズス菌の増殖を促す「パントテン酸カルシウム」
※ザ・ガードコーワ整腸錠PCと比較

これらのトリプル生菌が悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の増殖を助けることで、腸内環境が改善されていくのです。「ザ・ガードコーワ整腸錠α³+」の優れた整腸作用で、大腸の状態を正常に近づけてあげましょう。
菌が生きたまま腸で働ける理由とは?
「ザ・ガードコーワ整腸錠α³+」
のQ&Aをチェック

最近おなかが緩いな…、柔らかい便が続くな…など、おなかの調子がよくないと感じ、軟便の症状が続いていたら、その原因の大元である「大腸」の調子を整えてあげることが大切ですよ!

軟便によるツラい症状でお悩みの方はぜひ「ザ・ガードコーワ整腸錠α³+」を試してみてくださいね。効果を実感するために、まずは2週間! あなたも毎日の大腸ケア、はじめてみてください。
トリプル生菌配合で、腸内環境を整える
「ザ・ガードコーワ整腸錠α³+」
を詳しく見る


※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加