強〜い日差しにクラクラ! 夏の暑さに負けない貧血対策とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me スポンサードコラム

暑い季節になると、疲労が蓄積して体調を崩しやすくなりますよね。体調不良にはさまざまな症状がありますが、なかでもふらふらしたり、クラクラする「貧血」に悩まされる人も多いのではないでしょうか。夏は気温が高いため、ただ立っているだけでボーっとしてしまう季節なので、外出先でそんなめまいを伴う貧血を起こしたらどうしよう…と不安になりますよね。

Doctors Meにも、貧血でお悩みの方からの体験談が数多く寄せられています。その中から一部をご紹介します。

通勤の満員電車の中で、けっこう長い時間立ちっぱなしのことがよくあり、夏の暑い時なんかは冷や汗が大量に出てきて、ふらっとしてその場にしゃがみこんでしまうことが何度かありました。

Doctors Me体験談



室内で家事をしている時に、気分が悪いなと思い始め、だんだん立っているのも辛くなってきて、めまいや立ちくらみになることがよくあります。

Doctors Me体験談



家族で旅行に行ったのですが、何だかフラフラするな…立ちくらみかな…?と思っていたら、駅のホームで急に倒れそうになってしまいました。

Doctors Me体験談


目の前が真っ白や真っ黒になったり、耳鳴りやめまいがしたり、頭から血が引いていくような感じがしたり…突然起こるからこそ、貧血って厄介ですよね。


今回は、交通機関やレジャー施設などで起こる貧血の対策について、医師に伺いました。

Doctors Me医師


夏場の貧血って、どんな時になりやすいの!?

以下のような場面で起こりやすくなります。

  • ・炎天下の中、長時間遊びに出かけたり、外出しているとき

  • ・朝食を摂らずに、走って乗ったバスや電車の中

  • ・長風呂をして、急に立ち上がったとき

  • ・水分補給をしっかりせずに、スポーツをしたあと


夏って、どうして貧血になりやすいの?

まず、「貧血」には2種類あります。
その1つは、「鉄不足による貧血」です。汗には微量のが含まれていますが、汗をかきやすい夏は、鉄を失うことで貧血になりやすくなります。また、夏の暑さで食欲が落ち、偏食になると、食事から取り入れる鉄が減り、貧血につながることもあります。

もう1つは「脳貧血」と言われ、正式には「起立性低血圧」というものです。脳への血流を保つためには、手足への血流を少なくし、血管を引き締めて血圧を上げる必要がありますが、こういった調節を行っている自律神経の働きが疲労・ストレス・病気などの原因により狂ってしまったときに起こります。

夏場に外出先などで貧血になったら、どうすればいいの?

交通機関やレジャー施設などの外出先で貧血になった時に、急に動こうとするとクラクラして転倒し頭を打ったり、ケガをすることがありますので、すぐに何かにつかまり、座るかしゃがむかしてください。

可能であれば横になり、手足を何かに乗せるなどして高い位置に上げるように心がけましょう。手足の血液を心臓や脳に送り返すことができます。

また、手足を冷たい水にさらしたり、太い血管が体の表面近くを通っている部分(首の横、ひざ・ひじの裏、太ももの付け根など)を、保冷剤や濡れタオル、冷却シートなどで冷やすと、体の表面近くの毛細血管が閉じて脳血流が回復しやすくなります。

貧血を予防するため、心がけるべきことは?


水分とミネラルを多く取るようにする
熱い場所での運動や作業の際には、経口補水液などを準備しておくとよいでしょう。

体の一部を冷やすためのグッズを持ち歩く
人ごみの中で立ちくらみを起こしそうになった時のために、冷却シートなどをバッグに用意しておくと便利です。

普段から食生活に気をつける
栄養バランスのとれた食事を摂るよう、心がけましょう。特に、動物性食品(レバー、肉、貝など)に含まれるヘム鉄、植物性食品(ほうれん草や小松菜など葉物野菜、ひじき、パセリ、大豆など)に含まれる非ヘム鉄に加え、たんぱく質、ビタミンC、B12、葉酸などを積極的に取り入れるようにするとよいでしょう。

夏の外出先で貧血を起こしてしまったら大変です。暑い時期には、ただでさえ「だるさ」や「めまい」が起こりやすくなるので、貧血があるとよりツライですよね。海や山などのレジャーや外出を楽しむ機会も増える季節ですので、体の調子を整えて、快適に過ごしましょう。

そこで今回Doctors Me編集部がご紹介するのは、1日1回飲むだけで、夏の時期でも貧血を改善できる「医薬品 ファイチ」です。医薬品ならではの効果と働きを、3つのポイントから紐解いてみましょう。

【POINT1】鉄分はもちろん、ビタミンB12や葉酸も配合


貧血を改善するために必要な要素は、実は鉄分だけではないんです。「医薬品 ファイチ」には、血液中のヘモグロビンや赤血球の生成を助けるビタミンB12や葉酸がバランスよく配合されているから、より効果的! まさに造血メカニズムから考えた、貧血のための医薬品です。

【POINT2】貧血改善効果が認められた医薬品!


一般的に貧血の対策としては、食事内容の見直しや生活習慣の改善、サプリメントを活用するなど、さまざまな対処法があると思います。でも、貧血を改善したいなら、医薬品で対処するのがオススメ!厳しい審査や品質チェックをクリアした「ファイチ」は、貧血改善効果が認められている医薬品です。

【POINT3】1日1回飲むだけで貧血を改善!


貧血の多くは、血液中のヘモグロビンが減少することが原因で起こると言われています。「医薬品 ファイチ」は、ヘモグロビンを効果的に造る作用があるので、1日1回2錠で効きます。腸で溶けるフィルムコーティング錠だから、鉄の匂いもしないし、胃を荒らしません。さらに、小粒だから、錠剤が苦手な人でも飲みやすいのがうれしいですね。
もしかして貧血かも!?
今すぐ貧血度をセルフチェック!

「疲れやすい夏はちょっと心配…」「外出先でめまいを起こしたらどうしよう…」と気になる人には、まず生活改善。そして「医薬品 ファイチ」を! 日ごろからしっかり対策をして、元気に夏を乗り切りましょう。
1日1回飲めば効く。
ツライ貧血でお悩みの人へ
「医薬品 ファイチ」を詳しく見る


※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加