皮膚科医が解説する、30代から気にしたい4つの【肌荒れ対策】とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me スポンサードコラム

歳を重ねるにつれ、いままで特に気にならなかった“肌荒れ”に悩まされている人も多いのではないでしょうか。たとえば「顔に赤いブツブツができた」「顔がかぶれてかゆい」「目や口の周りがかゆい」など、顔にできる湿疹の症状。それは人によってさまざまあると思います。特に、30代に入ってから症状が治りづらくなった…、という声はよく聞きますよね。

年齢を重ねてからの肌荒れには、実は女性ホルモンが大きく関係しているといわれています。今回は、女性ホルモンと肌荒れの関係やその対処法について、医師に話を伺いました。

皮膚科医 黒田愛美先生


肌荒れと女性ホルモンって、どんな関係があるの?

肌荒れにはさまざまな原因が考えられますが、その中でも女性ホルモンは、肌荒れに大きな影響を与えています。具体的には、主に「エストロゲン」「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが関係しています。

・エストロゲン
コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すホルモンで、肌のきめを整えたり、肌の潤いに関与しています。

・プロゲステロン
皮脂の分泌を増加させる働きがあります。

肌には、上記2つの女性ホルモンのバランスが大切になります。プロゲステロンの量が増えすぎると皮脂が過多になり、ニキビや吹き出物の原因になります。また、エストロゲンの量が少なくなると、乾燥の原因となります。

女性ホルモンのバランスは、どんなときに崩れるの?


生理周期、特に排卵日から生理が始まるまでの期間は、プロゲステロンというホルモンが増えるため肌が荒れやすくなります。皮脂の分泌が増え、皮膚のバリア機能自体が低下している時期なので、肌が敏感にもなります。また、妊娠出産、更年期など、女性ホルモン全般のバランスが変化する時期も同様です。

季節の変わり目睡眠不足、ストレスなどがあると自律神経のバランスが崩れ、さらにストレスホルモンの分泌も加わり、肌が荒れやすくなります。

ホルモンバランスの乱れによる肌荒れの対処法を教えて!



  1. 生活のリズムを整える
    十分な睡眠を取ることが大切です。特に眠り始めの3時間に成長ホルモンが分泌されますので、この時にしっかり熟睡できているようにしましょう。また、朝日を浴びると幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」が分泌され、ストレスにも対処できるようになります。


  2. バランスのいい食事をとる
    加工食品や添加物の入ったものや悪い油を避け、ビタミン、ミネラル、食物繊維の入った野菜などを中心に、バランスのいい食生活を心がけてください。


  3. 心からリラックスする
    ストレスはなるべく溜め込まないようにしましょう。アロマや半身浴、瞑想、心地いい音楽を聴くなど、自分に合ったリラックス方法で心を落ち着ける時間をつくるとよいでしょう。


  4. 適度な運動をする
    30分程度のウォーキングやジョギング、または、筋トレやストレッチ程度でもOKです。適度な運動は自律神経のバランスを整え、肌の代謝もよくしてくれます。


季節の変わり目だから、肌が荒れても仕方ない…といって放置せず、原因を一度考えてみるのもよいことです。原因が分からずなかなか改善しない場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

この機会に生活スタイルを見つめ直してみるのもよいかもしれませんね。とは言っても、今できてしまっている肌荒れにだって、しっかり対処したいですよね!

そこで今回Doctors Me編集部がおすすめするのは、刺激の少ないノンステロイド処方で、肌の湿疹やかゆみを治してくれる治療薬「イハダ プリスクリードD」です。目もと・口もとなどデリケートな部分だけでなく、赤ちゃん(※)にも使えるやさしいお薬。そのやさしさの秘密をご紹介しましょう。
※生後1カ月未満の新生児は除きます。




第2類医薬品
〔適応症〕皮膚炎、湿疹、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、おむつかぶれ

デリケートな目もと、
口もとのかゆみ・赤みを治す治療薬
「イハダ プリスクリードD」とは?

【POINT 1】ノンステロイド処方+無香料・無着色!


顔の肌荒れや湿疹は早く治したいけれど、ステロイド成分が入った治療薬はちょっと…、とお悩みの方でも大丈夫!「イハダ プリスクリードD」はステロイド成分を使っていないから、患部への刺激は最小限。さらに無香料・無着色で、素肌と同じ弱酸性なんです。だから、デリケートな目や口の周りはもちろん、赤ちゃんと一緒に使うこともできるのがうれしいですね。

ここでワンポイント!
例えば、お子さんのこんな症状も改善してくれます。
・湿疹
・かゆみ
・あせも
・おむつかぶれ…など

「イハダ プリスクリードD」が
お肌にやさしい理由とは?

【POINT 2】2つの有効成分配合で顔のかゆみ・赤みを改善!


「イハダ プリスクリードD」には、炎症を鎮める作用、血行を促進する作用を促す2つの有効成分が配合されています。顔の湿疹やかゆみ、皮膚炎の症状に効果的に働いてくれます。


こんな症状でお悩みの方におすすめです!



  • 季節の変わり目などに起きやすい「目もと、口もとのかゆみ」

  • 生理前になるとできる「顔湿疹」

  • 洗剤や化粧品が原因で起きる「肌のかぶれ」


ここでワンポイント!
使い方は、洗顔後の清潔な肌に1日数回、気になる部分にやさしくなじませるだけ。
顔全体で2プッシュが目安です。

「上から化粧しても大丈夫?」
「効果的な使い方は?」Q&Aで疑問解決!

【POINT 3】なめらかでべたつかない+保湿効果もあり


「イハダ プリスクリードD」は乳化粒子がきめ細かいため、伸びがよく、なめらかな使い心地が特徴です。肌にすっとなじむから、汗をかきやすい季節でも快適にお使いいただけます。
また、荒れた肌の調子をしっとり整えて保護するヒアルロン酸Naやワセリンを配合。肌荒れが起きやすい季節の変わり目や、暑い時期なのに乾燥肌が気になる方には特におすすめです。

ここでワンポイント!
「イハダ プリスクリードD」は、ポーチに入る小さなサイズ! 会社やお出かけ先にも、ストレスなく持ち歩くことができます。

そもそも「顔湿疹」って、
どんな症状のことをいうの?


ブツブツとした顔の湿疹やかゆみ・赤み、気になりますよね。肌荒れが気になりだしたら、生活習慣の改善やストレスケアはもちろん、ノンステロイド処方の治療薬「イハダ プリスクリードD」で早い段階から治療を始めましょう! 残暑でまだまだ暑いこの季節、ブツブツ肌を早めにケアして、ストレスなく過ごせるといいですね。
デリケートな目もと、
口もとのかゆみ・赤みを治す治療薬
「イハダ プリスクリードD」を詳しく見る


※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加