夏~秋にかけての肌荒れに要注意! 医師が教える、正しいスキンケア方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me スポンサードコラム

年間を通して、「季節の変わり目にはいつも肌の調子が崩れやすくなる」と感じている女性は、少なくないですよね。「いつものことだし…」「何が原因か分からないから」といって、見て見ぬふりをするのはもう卒業! 夏~秋への季節の変わり目は、もうすぐそばまでやってきています。いまからしっかりとした予防法を身につけて、いざというときに負けない肌を手に入れたいものですよね。

そこで今回は、季節の変わり目に起こりやすい肌トラブルの症状や原因、予防法を医師に伺いました。

Doctors Me医師


季節の変わり目、肌に出やすい症状は?

季節の変わり目には、肌荒れ、ニキビ、吹き出物、湿疹などが出やすくなったり、乾燥やテカリがいつも以上に気になる、いつもの化粧品がしみる、メイクがのりにくいといったことが起こりやすくなります。

その症状、原因は一体なに?

季節の変わり目に肌トラブルが起こりやすくなるのは、以下のような原因が考えられます。


  1. 気候の変化
    季節の変わり目は気候が急に変化し、それに体がついていけないため、自律神経のバランスが崩れたり、風邪をひきやすくなったりします。それに伴い、皮膚細胞の生まれ変わりや血流も不安定になりやすくなる可能性も考えられます。


  2. 環境の変化
    学校が始まったり、仕事の体制が変わるといった環境の変化もあり、ストレスや疲れを感じやすくなります。忙しくてきちんとスキンケアをする余裕がないということもあるでしょう。


  3. 紫外線
    秋は夏よりも日差しが弱くなり、紫外線ケアを怠りがちになります。しかし、気象庁のデータによれば、実際には9月は8月の7割程度、真冬と比べると5倍以上の紫外線が降り注いでいるため、夏に引き続き紫外線のケアは必要になります。


  4. 花粉によるアレルギー
    秋は春と並ぶ花粉のシーズンであり、花粉に対する反応が起きて肌や粘膜にもアレルギー性の影響が表れやすくなります。


夏~秋にかけては、どんな肌ケアをすればいいの?

この時期の肌は、紫外線や汗の刺激、冷房による乾燥のため、ダメージが積み重なった状態になりがちです。また、暑さで体力も落ち、食事のバランスが崩れたり、睡眠が浅くなったり、運動習慣も乱れやすくなります。そのため、できるだけ肌に負担をかけないよう、夏の間がんばった肌をいたわるスキンケアが重要です。特に、保湿をしっかり行うようにしましょう。

そんな肌トラブルの予防法とは?

肌には「ターンオーバー」という新陳代謝のサイクルがあります。このサイクルが遅くなったり、不要な細胞が正常に排除されなくなると、シミくすみ、ザラザラなどの肌荒れの原因になります。

皮膚にターンオーバーを促すには、睡眠・栄養・ストレス対策が重要です。
毎日なるべく同じ時間に部屋を暗くして眠り、起きたら日光を浴び、日々の軽い運動を習慣にすることで、自律神経のバランスが整いやすくなります。食事は、肌の再生を助けるビタミン類や亜鉛、タンパク質を中心に、栄養をバランスよく摂るようにします。過ごしやすくなる秋に、新しい趣味を見つけて行うのも、ストレス解消になるかもしれません。季節の変わり目には体調が変化しやすく、お肌も影響を受けて調子が悪くなりがちです。秋を快適に過ごすためにも、これを機にご自身の生活習慣を見直してみるとよいでしょう。

普段気にしていない人でも、季節の変わり目はどうしても肌が敏感になってしまうものなのですね。日々の食事や睡眠、運動など、できるところから整えつつ、毎日の肌ケアを怠らずにしっかり備えたいですね。特に、スキンケアアイテムは毎日使うものだからこそ、できるだけ肌にやさしいものを選びたいですよね。

そこで今回Doctors Me編集部がおすすめするのは、柑橘類の果実「ジャバラ」のチカラでお肌を整える「Seilan JABARAフェイス&ボディクリーム」です。刺激物や添加成分を極力おさえたこだわりの製法で、肌が敏感な人でも使える、お肌にやさしいクリームが誕生しました。植物の力で健やかな肌へ導く、
低刺激の「フェイス&ボディクリーム」
の詳細を見る

柑橘類の果実「ジャバラ」のチカラで、より健やかな肌へ


ジャバラは、高い抗酸化作用をもつと話題の「ナリルチン」の含有量が、柑橘類のなかでもトップクラス。特に一番多く含まれるとされる11 月上旬~中旬にかけて収穫したジャバラを厳選して使用しています。
「Seilan JABARAフェイス&ボディクリーム」は、そんなジャバラ果皮末を高配合していて、肌をしっとりと保ち、外部刺激に負けない健やかな肌に整えてくれます。
注目の果実「ジャバラ」とは?

デリケートな肌にもうれしい、「8つのフリー!」


柑橘類の果実には、酸化すると酸化物が刺激の元になる成分「リモネン」が含まれています。この成分を取り除く技術「JB ダブルドライ製法TM」を採用したジャバラ果皮末を使うことで、刺激物を極力少なくすることに成功!
さらに「8つのフリー」により添加成分を極力減らすことで、肌への優しさを第一に考えたクリームが実現しました。
子どもも使えるの?
正しい使い方とは?
商品にまつわるQ&Aをチェック

皮膚の乾燥を防いで、うるおいを保つ!


より角質層に浸透させるために、セラミドを独自の技術でカプセルにとじ込めた「ナノセラミド」。水分をしっかり抱え込んだナノセラミドが、角質層までじっくり深く浸透し、肌を保護してくれ、うるおいに満ちた、みずみずしい肌に導いてくれます。
実際にクリームを使用した
女性たち感想の声とは?

使用感や香りで選べる、4種のラインナップ!


「Seilan JABARA フェイス&ボディクリーム」は、使用感の異なる2タイプを展開しています。
ひとつはJABARA(シトルスジャバラ果皮/ 整肌・保湿成分)を5%配合した、カサつく部分もしっとりうるおうクリームタイプ(左)。そして同成分を3%配合した、のびがよく、ベタつかない乳液タイプ(右)です。

また香りは、自然の恵みから得られる精油(エッセンシャルオイル)をそれぞれにブレンド。リラックスしたいときにはラベンダー、リフレッシュしたいときにはローズマリーを。心地よい香りとともに過ごす至福のときを、あなたも体感してみてください。
あなたはどのタイプが好み?
ラインナップをチェックする


お肌の悩みは、人それぞれありますよね。デリケートな肌に合うスキンケアアイテムが見つからない、季節の変わり目はいつも荒れるからと、諦めないで!「Seilan JABARA フェイス&ボディクリーム」があなたの悩みにそっと寄り添い、前向きになる道しるべになってくれるかもしれませんよ。まずは、トライすることから始めてみてはいかがでしょうか。
植物の力で健やかな肌へ導く、
低刺激の「フェイス&ボディクリーム」
を詳しく見る


※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加