【医師解説】季節の変わり目は要注意! 肌トラブルを解消する方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me スポンサードコラム

秋から冬にかけての季節の変わり目は、乾燥や気温の変化など、さまざまな理由でお肌のトラブルを招きがちですよね。たとえば、保湿していても肌がつっぱる、乾燥で肌荒れがひどくなる、肌がムズムズとかゆくなる、特に目もとのかゆみや赤みが気になるなど、普段はないお肌の変化に戸惑う方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな肌への刺激を受けやすくなる季節の変わり目に起こりやすい、肌荒れ・乾燥の原因や対処法について、医師に話を伺いました。

皮膚科医 黒田愛美先生


【秋〜冬】季節の変わり目の肌って、どんなことが起こりやすいの?

季節の変わり目は、様々な肌トラブルが起こりやすい時期です。例えば、皮膚のバリア機能が低下し、肌荒れ、乾燥、かゆみなどの症状が出現しやすくなります。特に、皮膚の薄い目や口の周りなどは、その兆候が強く出ることがあります。

なぜ「肌荒れ」「乾燥」「かゆみ」などの症状が起こるの?

季節の変わり目、特に秋〜冬にかけては、急激に寒くなる気温や湿度の低下と同時に、室内では暖房による乾燥などで、肌に負担がかかりやすくなります。更に、冷えによる肌の血流低下も加わり、肌のバリア機能が低下してしまいます。

この時期にできる対策とは?

まずはベースのケアをしっかりすること。正しい洗顔(洗顔は、洗顔料を使うのは夜だけくらいでもよいかと思います。朝は軽くぬるま湯で流す程度でOKです。ごしごしせずに優しく泡で洗ってください)。保湿、紫外線ケアです。

この時期の保湿は重要で、パック、スチーマー、ホットタオルなどでしっかり保湿、保温することは大切です。特に目周りや口周りは皮膚が薄く血流低下にも陥りやすいため、他の部位よりもしっかりしたケアが望ましいです。また家や職場に加湿器を置いておくこともお勧めです。
正しいスキンケアを実践したうえで、ビタミン、ミネラルなどを含むバランスのよい食事と、適度な運動、十分な睡眠、ストレスを回避することもとっても重要です!この季節、心も体も肌もしっかりケアして乗り越えましょう。

特にデリケートな「目もと」のかゆみは、早めに対処したいところ…。でも皮膚が薄く、刺激を受けやすい目もとは、どんな薬を選んだらいいのか分からないという方もいますよね。

そこで今回Doctors Me編集部がオススメするのは、目もとのかゆみやかぶれ、赤みなどを改善してくれるノンステロイド処方の治療薬「イハダ プリスクリードi」です。この時期に多い目もとのかゆみに着目したお薬で、塗ってもテカらない、先端が細くなったチューブタイプで適量をとりやすいなど、使いやすさも考え抜かれたお薬なんです!




第2類医薬品
〔適応症〕皮膚炎、湿疹、かゆみ、かぶれ、ただれ、あせも、おむつかぶれ
目もとのかゆみ、かぶれ、赤みに!
「イハダ プリスクリードi」とは?

こんな症状でお悩みの方は、特にオススメ!


以下の症状に心当たりがある人は、症状が悪化してしまう前に早めのケアをはじめるとよいでしょう!




  • 季節の変わり目などに「目のまわりがかゆくなる」

  • 化粧品で「目もとがかぶれてしまった」

  • 花粉や乾燥の時期に「目もとのかゆみが強くなる」

「イハダ プリスクリードi」の
正しい使い方をチェックする

3つの有効成分配合+こだわりのノンステロイド処方


「イハダ プリスクリードi」には、かゆみを抑制する成分2つの抗炎症成分が配合されています。これらの有効成分が患部に作用して、かゆみやかぶれをサッと鎮めてくれます。また、目のまわりやまぶたにも直接塗ることができます。
これがIHADA(イハダ)のこだわり!
「ノンステロイド処方」とは?

目もとがテカらず、無香料・無着色で使いやすい!


一般的に、目もとに薬を塗るとテカってしまって恥ずかしい…! そんな声が聞こえてきそうですが、「イハダ プリスクリードi」は、塗ってもテカらないクリームタイプなので使用する場所を選びません! また、肌馴染みもよいので見た目を気にすることなく、会社や買い物の時などにも普段使いできるのがポイントです。さらに、無香料・無着色で心地よい使用感がうれしいですね。
「化粧品と一緒に使える?」
「子どもに塗っても平気?」
Q&Aで気になる疑問を解決!


目もとのかゆみに我慢できずにかいてしまうと、皮膚が傷ついてしまうこともあります。かゆい→掻く→肌を傷つける…。そんな悪循環を繰り返してしまう前に、ぜひ「イハダ プリスクリードi」を試してみてください。自信のもてる目もとを目指して、気持ちよく冬を迎えたいですね!
目もとのかゆみ、かぶれ、赤みに!
「イハダ プリスクリードi」の詳細を見る


※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加