【コレステロール値が高めの人、必読】スルーしないで!今すぐできる対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me スポンサードコラム

PR:サントリー食品

見た目は特に太っていない、どちらかと言えば痩せ型の体型だ、という人でも健康診断でコレステロール値の異常を指摘されることがあるのを知っていますか?Doctors Meにも「太っていないのになぜ?」と疑問に思う方からの相談が寄せられています。



Doctors Me相談



健康診断でコレステロールの数値が高いと出てしまいました。私は太っていると言われたことはなく、むしろ細めの方だと思っていたのですが、痩せていてもコレステロールが高いと出ることはあるのでしょうか?不調なところは特にないのですが、何か対策した方がいいのでしょうか…?





コレステロール値が少し高いくらい意外とよく聞く話だし、自覚症状もないからと、異常値が出ているのに放置=コレステスルーしてはいませんか?

そこで今回は、コレステロール値の異常を放置するリスクと今日から始められる対策について、医師に話を伺いました。


Doctors Me医師


標準体型や痩せ型でもコレステロール値の異常が見つかる理由

コレステロールは、食べ物から取り入れて腸から吸収されるだけではなく、体内でも作られています。

血液中のコレステロール量は、腸からの吸収率、体内で作られる量、過剰分の排泄の効率、コレステロール量を調節するホルモンの働きなど、さまざまな要因で変わってきます。

そのため、体型的にそれほど太っているわけではなくても、血液中のコレステロール量が高くなる場合があるのです。

コレステロール値の異常を放置するとどうなる?


コレステロールは、人体の細胞の膜を構成する要素です。一部のホルモンやビタミンの原料でもあるため、生存に必要不可欠なものです。しかし、血液中にLDL(悪玉)コレステロールと呼ばれる物質が過剰になると、血管壁に取りつき、血管を狭く、硬くしてしまいます。これが、「動脈硬化」と呼ばれる状態です。

肥満・喫煙・糖尿病・高血圧・高尿酸血症などがあると、さらに動脈硬化が進行しやすくなるため注意が必要です。

動脈硬化ってそんなに注意が必要?
動脈硬化は、全身のあらゆる血管で問題が起こるリスクを高めます。たとえば、脳の血管で動脈硬化が起これば「脳出血」や「脳梗塞」など、心臓の血管で起これば「狭心症」や「心筋梗塞」などが発症しやすくなります。

このような血管の問題が起こった場合、何らかの後遺症が残るリスクや命に関わることがあると知っておくことが大切です。

※コレステロールは、少なければ少ないほどよいというわけでもありません。コレステロールといっても、悪い働きをするものばかりではなく、よい働きをするものもあります。
また、コレステロールの目標値は、動脈硬化を起こしやすい要因が何であるかによっても変わってきます。今後の研究によっては、コレステロールの基準値や治療方針が変わることも考えられるため、自分がどの程度コレステロールを下げなければならないか、主治医の先生に相談することが大切です。


コレステロール値の異常が見つかったときの対策は?

まず、コレステロールの多い食事をしている場合は、食事内容を見直します。コレステロールは、レバーなどの内臓、動物性の脂肪、卵などに多く含まれています。

食物繊維の多い玄米や納豆、野菜、海藻、きのこ類などは、コレステロールの吸収を妨げる作用があります。積極的に食べるとよいでしょう。

運動でカロリーを消費し肥満を解消することで、数値が改善する場合もあります。毎日少しずつできる範囲で対策を行っていきましょう。

数値がなかなか改善しない場合は受診を!
コレステロール値の異常には、コレステロールの多い食事だけではなく、体質的な問題やホルモンの状態など、さまざまなことが関係しています。

そのため、自分でコレステロール値を改善する努力をしても数値がよくならない場合は、近くの病院を受診しましょう。

ホルモンなどに異常がないかをチェックする検査や薬による治療が必要な場合があります。


コレステロールが高くても、多くの場合は症状がありません。健康診断や人間ドックで偶然異常が見つかったときは、無症状でも放置せず、自分に合った対策をしていけるとよいですね。


コレステロール値は、健康診断や人間ドックなどでしかわからず、日常生活の中で自分の数値を把握することができないため、数値が高めだとわかっていても具体的な対策をせず、ついついコレステスルーしてしまう…という人も多いのではないでしょうか。

しかし、コレステスルーし続けていると、気が付いたときには時すでに遅し…なんてことにもなりかねませんよね。

そんな大変なことになる前に、コレステロール対策として今回Doctors Me編集部がオススメするのは、サントリー「伊右衛門プラス コレステロール対策」です。お茶なので、毎日の食生活にプラスして無理なくコレステロール対策を始められるんです!それでは、オススメの理由をご紹介していきましょう。サントリーの
「伊右衛門プラス コレステロール対策」とは?

【理由1】悪玉(LDL)コレステロール対策ができる!

「伊右衛門プラス コレステロール対策」は、機能性表示食品です。松樹皮由来プロシアニジンは機能性関与成分であり、悪玉(LDL)コレステロールに働きかけて私たちの日々の健康をサポートしてくれます。

【理由2】いつものお茶を変えてみませんか?

対策と聞くと、何かを制限しなきゃいけなくてツラそう…、続けるのが大変そう…などのイメージがあるかもしれません。「伊右衛門プラス コレステロール対策」なら、わざわざ新しい習慣を作るのではなく、いつものお茶でコレステロール対策を始められます。

【理由3】コレステロール対策なのに、おいしい!

ほんのり香ばしい香りが広がりさっぱりとした軽い苦味で、お茶としておいしいのが嬉しいポイントです。どんな食事にも合う飲み心地なので、毎日でも続けられるおいしさです!
今なら「伊右衛門プラス コレステロール対策」の
お中元が当たる!



悪玉(LDL)コレステロール値が高めで気になっているけど、具体的な対策がわからない人や、対策はしたいけどどんな方法が自分に向いているかわからなくてコレステスルーしてしまう人でも、お茶なら気軽な気持ちでコレステロール対策を始められるのではないでしょうか。

心当たりがある人は、ぜひ試してみてくださいね!
サントリーの
「伊右衛門プラス コレステロール対策」を
詳しく見る



※医師のコメントは商品の推奨及び、商品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加