海水浴やキャンプ、フェスなど、夏は日差しにあたる機会が多くなりますよね。そろそろ日焼け止めを使おうと探してみると、去年買った日焼け止めが見つかったという人もいるのではないでしょうか。

 

 

去年の日焼け止めが余っていたら、ついつい使いたくなりますよね。しかし、1年前の日焼け止めを使ってもよいのでしょうか。今回は、古い日焼け止めを使っても大丈夫か松浦先生に教えていただきました。

 

 

未開封なら3年間は使用可能

 

パッケージに使用期限が書いていない日焼け止めの場合は、未開封であれば3年間が使用期限と考えられます。

 

薬事法で、3年以上大きな品質低下がなく、使用に問題がなければ、製造年月日や使用期限の明記を必要としないと定められているためです。つまり、使用期限の表示がない日焼け止めは品質が3年間保障されていることになります。

 

 

開封済のものは翌年に持ち越さない!

 

古い日焼け止めを使用しても、日焼けを防止する効果自体は特に変わりはないと言われています。しかし、開封した日焼け止めに関しては、注意が必要です。

 

一般的なチューブタイプの日焼け止めクリームは、一旦開封すると空気や手肌に直接触れるため、酸化が進んで変質が起こる可能性があります。

 

日焼け止めには、品質を保つために酸化防止剤や防腐剤が添加されていることが多いです。それでも、開封から1年経つとかぶれや肌荒れが起きる場合があります。その年の日焼け止めを使うシーズンが終わったら、冬を越さずに処分しましょう。

 

一方で、空気や手が直接触れないスプレー缶タイプの日焼け止めは、開封してからでも3年ほど使用が可能です。

 

防腐剤無添加の商品は、より変質が早まります。オーガニックや無添加と書かれている日焼け止めは、使用期限を確認してから使いましょう。

 

もちろん開封してあまり日数がたっていなくても、異臭がしたり、分離したりしている場合は、使用を控えたほうがよいです。

 

日焼け止めは、使い方をしっかり守ることで効果を発揮します。古い日焼け止めを控える以外にも、下記のポイントを抑えると、より効果的に日焼け止めを活用できます。

 

・保存は直射日光の当たらない場所に常温で保存する

・推奨されている量を使ってこまめに塗り直しをする

・用途によってSPFの強さを使い分ける

・自分の肌に合った日焼け止めを通年使う

 

 

松浦先生からのアドバイス

 

肌へのダメージは、日焼け止めをしっかり使うこと、使った後はしっかりと落とすこと、入浴後に保湿を心がけることで減らすことができます。

 

日焼け止めは、化粧品のなかでも肌トラブルを起こしやすいものの1つです。自分の肌に合ったものを正しく使って夏を乗り切りましょう。