先天性耳瘻孔せんてんせいじろうこう

カテゴリ
耳の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

先天性耳瘻孔とは

先天性耳瘻孔(ろうこう)とは、生まれながらに耳介の前上方などに小さな穴ができる状態です。においが出たり、白い分泌物が出ることもあります。感染を起こすと、膿をもったり赤みが出ることもあります。

症状

先天性耳瘻孔の症状は、穴から膿のような臭いのある分泌物が出ることです。この穴の奥は、管が続いていたり、袋状になっていたりします。また、かゆみを伴うこともあります。耳などに痛みなどがなければ、特に治療の必要はありません。
  
しかし、この穴の奥に細菌などが入ると、炎症がおき、膿がたまって大きく腫れあがることがあります。その時は痛みも伴うので治療が必要となります。炎症がそれほどひどくない場合は、膿をとりだしたり、抗生剤などを服用します。
  
一方、炎症がひどい場合や何度も炎症を繰り返す場合は、孔を袋ごととる手術を行います。

原因

先天性耳瘻孔は、母親のおなかの中にいる胎児の段階で発生します。耳はその形成過程において、複数のパーツが組み合わさってできていくものですが、その際、完全にそれらのパーツが結合しきらずに隙間ができてしまうことがあります。それが耳瘻孔となっていきます。
  
耳瘻孔は耳介の軟骨の上にできることが多く、また、中には軟骨を貫いたり、耳の中にまで入っていくこともあります。この疾患は比較的多く発生し、日本人の100人に2~3人は持っているものだと言われています。また、遺伝性も指摘されており、両親のいずれかが先天性耳瘻孔を持っている場合、子供もなる場合があります。

治療法

先天性耳瘻孔は、先天性の疾患なので、それ自体を防ぐ方法はありません。しかし、先天性耳瘻孔のひどい炎症を予防するには、2点心がけておくといいことがあります。
  
1点目は、耳の周りを清潔に保っておくことです。炎症は細菌が入り込むことでおこるので、それを防ぐようにきれいなタオルで拭くようにすることです。2点目は、炎症が起きてしまった場合に、早めに耳鼻科にかかることです。軽度の炎症であれば、抗生剤の服用などで改善する場合があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください