アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症あじそんびょう/まんせいふくじんひしつきのうていかしょう

カテゴリ
内分泌系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症とは

アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症は、腎臓の上にある副腎の異常により、そこから分泌される副腎皮質ホルモン(いわゆるステロイドホルモン)が、極端に減ってしまうことで、電解質異常(カリウム上昇、ナトリウム低下)、疲れやすさ、皮膚の黒変、吐き気などがおこります。ホルモンを飲み薬として補充することで治療が行われます。

アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症の症状

アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症の主な症状として、
・倦怠感
・筋力の低下
・皮膚や口の中の色素沈着(色黒になる、歯茎などが黒くなる)
・食欲不振や便秘や下痢
などが挙げられます。また、低血糖や低血圧などの症状もみられることがあります。しかし、初期症状は自覚症状がない人も少なくありません。この病気の治療には、不足しているホルモンを投薬などにより補うことが必要です。
  
病気に気づかないままホルモンを補わないでいると、けがや病気などで体にストレスがかかった時に、急性副腎不全につながることがあり、とても危険です。少しでも気になる症状があった場合は、内分泌・代謝の専門医にみてもらうと安心です。

アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症の原因

アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症は、副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドや鉱質コルチコイドが減少することによって起こり、さまざまな症状を引き起こします。
 
アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症は、先天性と後天性に分かれますが、先天性は非常にまれです。後天性で多いのは、以前は結核(副腎結核)でしたが、現在は自己免疫によるものも少なくありません。
  
自己免疫が関係している場合は、糖尿病や甲状腺疾患、貧血などを併発することがあります。後天性免疫不全症候群(AIDS)や悪性腫瘍の副腎への転移によるものなどさまざまな原因があります。

アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症の治療法

アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症であることに気づかないままでいると、ホルモンなどの補充ができなくなり危険なので、気になる症状があるときは早めに病院で見てもらうようにします。特に、血圧が160/100mmHg以上ある人や、40歳以下で脳卒中を起こしたことがある人、副腎腫瘍疾患にかかっている人は注意が必要です。
  
また、現在アジソン病/慢性副腎皮質機能低下症である人は、薬の飲み忘れには危険が伴うので、忘れないように十分注意します。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください