食道潰瘍しょくどうかいよう

カテゴリ
食道の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

食道潰瘍とは

食道潰瘍は、食道部分に潰瘍ができることで、食道の粘膜が何らかの原因により一部が壊されてしまい、なくなることで、炎症が起き、えぐられたような状態になります。最も頻度が高い食道潰瘍の原因として、逆流性食道炎が挙げられます。

食道潰瘍の症状

食道潰瘍の症状は個人差がありますが、吐き気や膨満感などに代表される症状や、みぞおちの痛みや胸やけ、食べ物がしみるような感覚の自覚症状があります。のどにつかえている感じや、食べ物が逆流し、すっぱいものが上がってくるような感覚の症状もあり、これらの症状が絡み合い多発的に現れる場合もあります。
  
食べ物や飲み物などが飲み込みにくくなる嚥下障害や嚥下困難の症状も見られますが、まったく症状が現れず、自覚症状がなく健康診断などの検査などで偶然発見される場合もあります。食後のゲップや胸のあたりの違和感なども代表とされる症状の一つといえます。

食道潰瘍の原因

食道潰瘍は、食道の壁が炎症を起こしている状態が深く、損傷している状態をいいます。食道潰瘍は、胃液などが逆流する事により、食道の粘膜を溶かし、胃の内部にたまった内容物が逆流することで、食道の粘膜に炎症をきたすことが原因です。
  
食生活の乱れや、刺激物といわれる辛いものなどを過剰に摂取したり、喫煙やアルコールなども食道の壁を刺激したりする原因の一つと考えられています。熱すぎるものや冷たすぎるものなど寒冷刺激も食道の壁に刺激を与えてしまうため、注意が必要です。
  
また、加齢による食道の壁の筋肉が衰えることにより逆流の原因につながります。

食道潰瘍の治療法

食道潰瘍を予防するためには、食道に刺激を与える刺激物の接種を制限することで予防につながります。例えば、喫煙やアルコールの量を減らすことや、辛いものや極端に熱いもの、冷たいものなどを控える事が重要です。
  
また、食道の壁が炎症を起こしている食道炎を放置しておくと、食道潰瘍につながってしまうため、定期的な健康診断を受診し、早期発見、早期治療をすることが食道潰瘍の予防につながります。みぞおちの違和感や、胸やけなど、調子が悪い場合は早めに受診することが重要です。

原因の一端となる胃酸を薬で抑えることも効果的です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください