穿孔外傷せんこうがいしょう

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

穿孔外傷とは

穿孔性外傷は、とがった形のものが眼球に突き刺さり、眼球の壁を貫く傷ができることを言います。交通事故、仕事中の事故が多く見られます。ハンマーで石を叩いたらかけらが高速で飛んできて突き刺さったというような例もあります。まずは眼科的診察やCT検査によって穿孔があるかないかを判断し、穿孔があれば感染予防のために速やかに傷をふさぐ必要があります。

穿孔外傷の症状

穿孔外傷の症状は、眼球に対する穿孔創です。個別的な症状に関しては外傷を受けた状況によって異なるため、個別具体的に見ていかないと判断できません。

一般的に穿孔外傷が眼球に出来た場合には、急激な視力障害に襲われます。外部から強烈な刺激を受けることによってこの症状になるため、一度発症するとほぼ必ず出血が見られます。穿孔外傷がどの程度であったとしても、眼球に対する傷は深くなってしまう傾向にあるため、眼科に赴いて治療を受ける必要があります。

また、外傷によって角膜そのものが損傷している可能性もあるため、視覚障害による二次的な被害に気をつけなくてはいけません。眼球が傷つくと感染症も発症してしまうことがあるため、早急な手当てが必要です。

穿孔外傷の原因

穿孔外傷の原因は、交通事故や災害によって飛来する異物で眼球が傷つけられてしまうことにあります。先天的な要因によってこの症状が発症することはないため、後天的な要因に気をつけてその要因を排除しなくてはいけません。

眼球が傷つけられてしまうと視覚障害に陥ってしまうため、事故等によってこの症状を発症させている患者に対しては、無理な行動をさせてはいけません。

また、穿孔外傷を原因として眼球から感染症を引き起こす可能性もあります。事故によって眼球が傷つけられたときには周囲の環境が劣悪な状態になっていることが非常に多いため、眼球からのさらなる病気の原因を排除するように心がけなくてはいけません。眼球を傷つけた要因を取り除く行為は医師に任せることが大切です。

穿孔外傷の治療法

穿孔外傷の予防は、外敵から眼球を守ることにあります。基本的に、一般的な日常生活を送っているだけではこの症状になることはありません。

他の病気のように先天的な遺伝的要因によって発症するものではなく、外部からの外傷によって眼球が傷つけられてしまう病気であるため、外敵に対する防御をきちんと行っていれば症状の大部分を予防することが出来ます。

また、実際にこの症状になったときは現場で余計なことをすることは厳禁です。眼球を無理に圧迫せずに、眼帯や清潔なタオルを利用して患部を守り、速やかに病院に行って診察してもらうことが大切です。

治療には、手術療法が行われ、受傷部位や程度により方法は様々です。複数回の手術を必要とするものもあります。
手術療法と同時に、薬物療法も行われます。
感染予防のために抗菌薬、炎症を抑えるためのステロイド薬が使用されるでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください