医師監修

翼状片とは

翼状片(よくじょうへん)とは眼の白目部分の結膜の組織が増殖し、黒目部分の角膜に三角形状に伸びてきてしまう症状です。一般的には目頭の方で起こる事が多く、黒目に白目がかぶさって見えるだけでなく増殖組織に血管があるため目が充血しているように見えます。

翼状片の症状

翼状片の症状はまずはじめは黒目部分に白目部分の結膜が伸びてきてかぶさって見えるようになることから始まります。増殖した組織には血管があるため、いつも目が充血しているように見えるようになります。このような初期症状では見た目以外の問題はありません。
  
増殖した部分に盛り上がりが生じると、瞬きしたときにゴロゴロとした異物を感じるようになります。しだいに組織の増殖が進行すると、眼球にゆがみが生じることによって乱視を引き起こします。最も進行した状態では、増殖した組織が瞳の中心部分に達することによって視力を非常に低下させます。

翼状片の原因

翼状片の原因としては結膜が刺激を受け炎症を起こすことが積み重なり、慢性的に炎症を起こすようになることによって結膜組織が異常増殖すると考えられています。そのため翼状片の発症は比較的高齢者が多いです。
  
結膜が刺激を受ける最も大きい要因と言われているのが紫外線です。そのため紫外線を浴びる事の多い屋外で働く人やスポーツ選手、中でも漁師やサーファーなど海上での時間が長い人などの症例が多く報告されています。
  
また体質的な問題も大きく、目がすぐ赤くなるなど結膜の炎症を起こしやすい人は紫外線の多寡に関係なく発症しやすい傾向があります。

翼状片の治療法

翼状片の予防にはまず紫外線対策をすることです。紫外線の刺激から目を守るために最も有効なのは、サングラスと帽子の着用です。サングラスを選ぶ基準として大切なのはUVカットの表示がされていることと色が薄いものを選ぶことです。色の濃いサングラスは瞳孔が開いてしまうため紫外線が目に多くとりこまれてしまうからです。
  
また地面に反射した紫外線は下や横からも入ってくるので、大きめで顔にフィットするものがおすすめです。またビタミンCやルテインを多く含む食品を摂るように心掛けることも有効です。(ルテインは有益と推測されていますがまだ完全には十分なデータは揃っていません)
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

翼状片の相談