網膜剥離もうまくはくり

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

網膜剥離とは

目の疾患の一つで、網膜(視覚細胞が面状に並んだ部分で、カメラのフィルムのような働きをする)から神経網膜がはがれてしまう状態のことです。視力や視野を失うことが多いです。裂孔原性網膜剥離を一般的に網膜剥離と呼びますが、他に網膜がはがれる原因の違いによっていくつかにわけられています。他に黄班円孔網膜剥離(おうはんえんこうもうまくはくり)、漿液性網膜剥離(しょうえきせいもうまくはくり)、牽引性網膜剥離(けんいんせいもうまくはくり)があります。

網膜剥離の症状

目の前に黒い点がたくさん見える、虫がよく飛んでいるように見える、などといった症状が現れたら網膜剥離の一歩手前と言われる網膜裂孔です。飛蚊症とも呼ばれ、これは網膜に裂け目ができた状態による出血です。その出血が黒い斑点や虫のように見えるのです。これをそのままにしておくと網膜ががれてしまい視野が狭くなり、視力が急に低下してしまいます。

失明してしまうと手の施しようがありませんので早めに対処することが必要です。網膜が裂けたり引っ張られたりすると、暗闇の中でも光が当たってるような感じがしたり目の中に違和感を感じたり急にぼやけるといったことが多いです。
網膜が剥離してしまうと失明する確率がかなり上がってしまいますので早めの対処が必要です。また、ぼやける程度だったのが急に進行したというケースもありますので急激な目の変化は特に注意が必要です。網膜がはがれる前に現れる症状に注意しましょう。

網膜剥離の原因

最も多い原因は眼球に強い衝撃を与えられることです。特にボクシングなど、頭部に打撃を与えられるような格闘技を行う方に多いのはよく知られています。その他、野球やテニスといったスポーツで小さく固いボールが眼球に当たるなどといったことケースもあります。

目の内部を満たす硝子体は基本的にはゼリー状なのですが、加齢により一部が液体化していきます。その際にゼリー状のままの硝子体が眼球の動きにより移動しやすくなってしまい、硝子体に網膜が引っ張られ裂け目ができてしまうことがあります。その裂け目から液体になった硝子体がはいりこんで網膜がはがれやすくなってしまいます。

40歳以上はこちらの現象による網膜剥離が多いとされています。また極度の近視の方にも多く眼球が変形している部分が網膜をはがれやすくしてしまうことがあります。特に20代と40代に見られることが多いです。また、まれに白内障の手術後などで目をレーザー治療した後もになってしまうケースもあります。

網膜剥離の予防/治療法

簡単な検査で網膜の状態がわかりますので予防もかなりできるので安心です。40歳を超える、極度の近視、といった方は定期的に眼科で検査を行ったほうがいいでしょう。
検査と言っても医師が目を覗くといった軽いものですので特に心配はありません。また、網膜剥離の一歩前である網膜が裂けてしまった状態の網膜裂孔の症状らしいもの(黒い斑点が目の中にある、など)が出てしまった場合は早めに眼科を受診してレーザー治療を受けることにより進行を止めることができます。また、暗い所にいるのに光が走ったように感じるような症状(光視症)も網膜が引っ張られたりすることにより起こりますので網膜剥離になりかけている、と思ったほうがよいです。
頭部に強い衝撃を受けたり、眼球に強い圧迫を受けるなど目に極度の刺激を受けた場合は一度眼科を受診しておくことが大切です。網膜がはがれてしまうと視力の低下や失明を防ぐのは難しくなってしまいますので、予防をおすすめします。

治療法としては、網膜に裂け目が出来ている場合は、レーザーによる光凝固法を、網膜がはがれている場合は「硝子体手術」や「強膜バックリング法」などがあり、症状に応じた手術が行われます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

網膜剥離の相談

網膜剥離に関するコラム