医師監修

亜脱臼とは

亜脱臼とは、関節が動く範囲を逸脱して関節を動かしてしまった時に起こる、骨と骨の結合がずれてしまった状態のことです。完全脱臼とは異なり、まだ一部の骨と骨との接触が残されている状態ですが、医師の診察を受けて骨折などの合併症がないか診察してもらうことがすすめられます。特に、スポーツや日常の動作の中で動かす頻度が高い、肩・ひじ、膝の関節に多く見られます。

亜脱臼の症状

亜脱臼を起こしてしまった場合の主な症状には、患部の腫れや痛みなどがあります。一般的な脱臼とは異なり、骨の結合が緩くなった状態になっていますので、見た目に大きく影響が出ることはありません。
  
また、レントゲンなどを介しても目に見える状態では確認されない場合も多く、そのほとんどは痛みと腫れによって診断されます。ただし、細菌感染などの可能性から、レントゲンによる撮影は推奨されるものであります。
  
骨がズレている状態であるため、患部を動かすことは困難になります。無理をして関節を稼働させようとすると、腫れなどの症状がいっそう強まる恐れがありますので、極力患部を動かさないなどの注意が必要です。

亜脱臼の原因

亜脱臼を起こしてしまった場合の主な症状には、患部の腫れや痛みなどがあります。一般的な脱臼とは異なり、骨の結合が緩くなった状態になっていますので、見た目に大きく影響が出ることはありません。
  
また、レントゲンなどを介しても目に見える状態では確認されない場合も多く、そのほとんどは痛みと腫れによって診断されます。ただし、細菌感染などの可能性から、レントゲンによる撮影は推奨されるものであります。
  
骨がズレている状態であるため、患部を動かすことは困難になります。無理をして関節を稼働させようとすると、腫れなどの症状がいっそう強まる恐れがありますので、極力患部を動かさないなどの注意が必要です。

亜脱臼の治療法

亜脱臼を予防する方法には、筋肉を柔らかく保つ筋力トレーニングや、ストレッチ運動が効果的とされています。特に、スポーツの前後に身体を柔軟にすることは、関節を痛めるリスクを軽減し、いたわるためにも重要です。
  
万が一、関節を損ねてしまった場合には、骨の結合を修復する整復などで、患部の治療を行い、症状が強く確認される場合には炎症剤などの処方が行われます。また、完治するまでの期間には、おおよそ2週間から1ヵ月弱程度の日数が必要です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください